ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動

演奏方法をもっと言語的に細分化や表現化できないものかと考えてみる

縦振動だろうが横振動だろうが、音が太かろうが細かろうが、叩きつけようが優しく弾こうが、指先で弾こうが付け根を動かし弾こうが、ぜんぶ含めて『2フィンガー』。 よくよく考えると、こんな乱暴な話もない気がするところ。 例えばの話、日本語で一人称を…

縦振動のタッチ (再)

一番やりたかった縦振動に関する記事の修正を始めました。 やはりと言うか、自分で読み直してみて、「うわぁ、こりゃねーわ・・・」なんて思うところも多かったり。 何が書いてあるかよく分からんぞってなりましたねホント。 しかも結構な数、あれが読まれた…

縦振動のタッチ 初動の水平運動とその後の回転運動について考える

縦振動で弾くにも横振動で弾くにも斜め方向だとしても、弦が元の位置に戻ろうとするその初動は水平運動と言うか、直線的な動きになるのではないかと想像します。 そこで如何に最短で綺麗な軌道を実現するか、垂直に押し込んだ物がそのまま垂直に戻ってくる様…

縦振動のタッチ 速弾きや3フィンガーなどへの恩恵を考える

太い音の出し方がどうとか、一音の説得力がどうのって話をしていると、テクニカルな演奏とは真逆なイメージをしてしまいがちかもしれません。 そういった先入観によって縦振動のタッチに興味が持てない人なども中にはいるんじゃないかと想像します。 しかし…

縦振動のタッチ 効果と成果をより実感する為には

縦振動のタッチを習得するにあたって効率を求めるのであれば、これはやはり、タッチによる変化がちゃんと表れてくれる楽器を弾く事が重要だと思います。 反応が鈍臭かったり希薄な物だと練習も面白くないんじゃないかと。 地道に長く続けていく必要があるか…

縦振動のタッチ 基本的な練習方法について

縦振動のタッチを習得するにあたり、具体的にどんな練習をしているのかと言いますと、まずは3弦(A)の5フレット(D)を押さえ、ひたすら地味に一音一音確認しながら弾くというのをやってます。 ずっと言ってきている様に、如何に弦を垂直に押し込むか、如何に方…

縦振動のタッチ 脱力、フィジカル、楽しさなどについて考える

縦振動のタッチを実現するにあたって重要になるのが脱力という印象。 今の時代、無闇な根性論は減りつつあると思いますし、脱力に対する関心も高まってきてるんじゃないかと思います。 とにかく握力を鍛えろだの腱鞘炎になっても続けろだの、そんな話は流石…

縦振動のタッチ 初心者や石頭こそ体験すべきだと思う話

このブログの縦振動に関する話を全て真面目に読んだ人がいるのかどうかは分かりませんが、まぁとりあえず、何だか難しそうとか敷居が高そうなんて印象を受けるのではないかと想像します。 実際、自分が縦振動を教えてもらってから軽く10年以上は経ちますし、…

縦振動のタッチ 第三関節の使い方や右手について考える

縦振動のタッチを身に付けようとする場合、第一・第二関節を使うよりも、第三関節(指の付け根かもうちょい奥)を使う事を意識した方が良い印象です。 要は指を長く使うと言いますか、より強い根元の力を使うと言うか、指先の方にばかり力を入れようなんて弾…

縦振動のタッチ 左手の強化について考える

先日は脱線気味ではありましたが、左手が重要なポイントになるのは間違いない事だと思います。 特に、握力に頼る様な弾き方をする場合、相当な負担がかかり続ける事になる印象。 母指球と言うのでしょうか?親指の付け根の辺りと言うか、膨らんでいる場所と…

縦振動のタッチ 左手の重要性、腱鞘炎や怪我などについて考える

良いタッチを身に付けようとした場合、ついつい右手の方にばかり気が行ってしまいそうですが、実は左手を鍛える事も同じぐらい重要な印象。 押弦が甘いとそれだけ弦がずれやすくブレやすくもなりますし、アタックやサスティーンにも確実に影響があるかと思い…

縦振動のタッチ 立奏時の違和感などについて考える 

ベースを座って弾く際、まず楽器を右脚の付け根か太腿の辺りに乗せ、今度は右腕を上に乗せるんじゃないかと思います。 そして当然の事ながら、左手はネックを支えるか弦を押さえようとする。 勿論、自分もやりますし、楽器を安定させる為に本能的にそうする…

縦振動のタッチ バスケットボールをイメージして考えてみる

あまりに唐突なタイトルの様ではありますが、自分としては真面目に何かヒントになるんじゃないかと考えているところ。 多くの人が触れた事があるだろうというのもポイントが高い気がします。 その場に立ってバスケットボールをダムダムする、本当に気楽にあ…

縦振動のタッチ 弓矢をイメージしてみる

こちらは前回。 pompombass.hatenablog.com 弦を垂直に押し込む事が大切と言うのが前回の内容ですが、とにかく難しいのがそのまま指を綺麗に抜く事。 弦から指が離れるこの瞬間が勝負と言いますか全てと言いますか、角度やタイミングがおかしいと即、立ち上…

縦振動のタッチ まずは弦を垂直に押し込む

縦振動を実現するのに何が大事かと考えた場合、まずは弦を綺麗に垂直に押し込む事が出来るのがポイントになるんじゃないかと思います。 それも無理なく自然な動作として。 多くの場合、弦を横に引っ張ったり、指でひっかく様な弾き方になっていたりしますが…

縦振動のタッチについて考えてみる 太い音のベース

まず縦振動のタッチとは何なのかって話ですが、乱暴にまとめると「太い音かつ立ち上がりも良くなる弾き方」なんて考えておけば、とりあえずは良いんじゃないかと。 ベースという楽器は倍音が非常に豊富であり、単音を鳴らすにしても低音から高音まで実に多く…

縦振動のタッチ 改めて研究開始

ブログを書き続けるのもちょっと慣れてきた気がするので、また縦振動のタッチについて改めて研究し、話もしていこうかと思います。 以前の記事を見てみると「私はこれで人生変わりました!」みたいな胡散臭さ丸出しの話に我ながら笑ってしまいますが、しかし…

縦振動のタッチとフィンガーランプ

最近は標準で装着されていることもあるフィンガーランプ。 どんな物なのか簡単に説明しますと、「指が深く入らないようにするための板」と言ったところではないでしょうか? 扱いを極めた人の見解などは分かりませんが、少なくとも自分の場合、そんな認識で…

縦振動のタッチとグルーブ

「グルーブなんて感じるもんだ!理屈じゃないんだよ!」 なんて言われ困惑したり、答えもなくずっと悩み続けることも、決して珍しくないんじゃないかと思います。 実際、そうとしか言えないものなのかもしれないし、いくら考えようと理想的な答えなんて出な…

縦振動のタッチとフルチューン

縦振動の練習をするには、OPBを弾くのが一番いいかと思いますが、ある意味ではそれ以上に難しいのが、ジラウドのフルチューンかもしれません。 電気的に高速な特性を求めるのであれば、これ以上の仕様はないんじゃないかと。 また、ジラウドは電気的な要…

縦振動のタッチとパッシブ

「パッシブこそが真の音!」みたいな妄信はどうでもいいと以前から話してきましたが、一方、それでタッチを鍛えることで結果が出るのも、実は確かなんじゃないかと思ってたり。 実際、自分も純パッシブのOPBでさんざん練習をしてきました。 正直、先日も…

縦振動のタッチとアクティブ

「アクティブは嘘っぽい!誰が弾いても同じ感じがする!」 なんて事がよく言われてたりもしますが、それには反論もあるし、同意もするところだったり。 インピーダンスの処理を考えるなら、パッシブそのままが理想とは思えませんし、それで純粋で素直な音が…

縦振動のタッチと初心者

非常に高度で「初心者にはハードルが高すぎる!」なんて思われそうな縦振動。 でも実は、まだ変な癖がついてなかったり指が固まってない方が、これから取り組むのに有利な面があるかもしれません。 知人から聞いた話ですが、夫婦でジラウドに行き、揃って縦…

縦振動のタッチとエージング

以前からボディ鳴りやエージングについて話してきましたが、縦振動とも大いに関係があるんじゃないかと思います。 以前の縦振動のタッチと生音の話を考えると分かりやすいかもしれません。 それだけボディに振動が伝わりやすいと言うか、縦振動を意識してい…

縦振動のタッチとレスポンス

『タッチレスポンス』という言葉をジラウドではよく聞く事になるかと思いますが、自分でどう説明したものかといざ考えてみると、これが意外に難しい。 デジタル機器を扱っててタイムラグなどを認識した場合、恐らくは多くの人が気持ち悪い印象を覚えるかと想…

縦振動のタッチと練習環境

縦振動の実感と言うか、タッチの変化を認識しづらい楽器があると話しましたが、これはアンプシステムなどの環境についても同様だと思います。 世の中にある楽器用アンプのほとんどは、物凄く濃い味付けをしてる印象。 それだけ回路的にも余計な物が多く、結…

縦振動のタッチとフォーム

縦振動の練習に取り組むにあたり、まずは指の使い方を意識するかと思います。 ジラウドに行った人は、第三関節を上手く使う事を教わるかもしれません。 実際、それが本当に大事だと感じますし、一つの運動としても理に適ってる印象。 ベースの場合、太くて張…

縦振動のタッチとタッチスピード

良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話しましたが、これは「速弾き出来なければいけない!」という類の意味ではありません。 どんなに速く弾けたとしても、タッチスピード自体は実は大した事ないなんて場合もよくある話なんじゃないかと。 速弾きの…

縦振動のタッチと速弾き

「縦振動のタッチ!」と一言にまとめてしまうと、限定的なイメージを持ってしまったり、または特殊な奏法のように認識されがちな気もします。 実際、それならではのサウンドがあるのは確かだと思いますし、完璧な縦振動による凄まじく濃密な低音には、憧れを…

縦振動のタッチとフレット

縦振動のタッチを実践・実感するにおいて、難しい楽器があります。 以前のエージングの話と同じことを言うようかもしれませんが、24フレット以上や低弦高のセットアップの楽器だと、かなり厳しくなってくる印象。 単純に弦がフレットにぶつかってしまうリス…