読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動

縦振動のタッチとグルーブ

「グルーブなんて感じるもんだ!理屈じゃないんだよ!」 なんて言われ困惑したり答えも無くずっと悩み続ける事も珍しくないかと思う。 実際、そうとしか言えないものなのかもしれないし、 いくら考えようとも理想的な答えなんて出ないのも確かな気はする。 …

縦振動のタッチとフルチューン

縦振動の練習をするにはとりあえずOPBを弾くのが一番良いかと思うが、 ある意味ではそれ以上に難しいのがジラウドのフルチューンかもしれない。 電気的に高速な特性を求めるのであればこれ以上の仕様はないんじゃないかと。 また、ジラウドは電気的な要素に…

縦振動のタッチとパッシブ

パッシブこそが真の音みたいな妄信はどうでもいいと以前から話してきたが、 それでタッチを鍛える事で結果が出るのも実は確かなんじゃないかと思ってる。 実際、自分も純パッシブのOPBで散々練習をしてきた。 正直な話、酷いアクティブベースなんかを使うぐ…

縦振動のタッチとアクティブ

「アクティブは嘘っぽい。誰が弾いても同じ感じがする。」 なんて事がよく言われてたりもするがそれは反論もあるし同意もするところ。 インピーダンスの処理を考えるならばパッシブそのままが理想とは思えないし、 それで純粋で素直な音が出てくれるとは自分…

縦振動のタッチと初心者

縦振動は非常に高度で初心者にはハードルが高すぎるとも思われそうだが、 まだ変な癖が付いてなかったり指が固まってない方が実は有利かもしれない。 知人から聞いた話だが夫婦でジラウドに行き縦振動を教わってみたところ、 何と全くの初心者の奥さんの方が…

縦振動のタッチとエージング

以前からボディ鳴りやエージングについて話してきたが、 縦振動とも大いに関係があるんじゃないかと思う。 前の縦振動のタッチと生音の話を考えると分かりやすいかもしれない。 それだけボディに振動が伝わりやすいと言うか縦振動は生音からして変わる。 弾…

縦振動のタッチとレスポンス

タッチレスポンスと言う言葉をジラウドではよく聞く事になるかと思うが、 自分でどう説明したものかといざ考えると意外に難しい。 デジタル機器を扱っててタイムラグなんかを認識した場合、 恐らくは多くの人が気持ち悪い印象を覚えるかと想像する。 弾いた…

縦振動のタッチと練習環境

縦振動の実感と言うかタッチの変化を認識し難い楽器があると話しているが、 これはアンプシステムなどの環境についても同様だと思う。 世の中にある楽器用アンプのほとんどは物凄く濃い味付けをしてる印象。 それだけ回路的にも余計な物が多く結果的に様々な…

縦振動のタッチとフォーム

縦振動の練習に取り組むにあたってまずは指の使い方を意識すると思う。 ジラウドに行った人は第三関節を上手く使う事を教わるかもしれない。 実際それが本当に大事だと感じるし一つの運動としても理に適ってる印象。 ベースの場合は太く張りも強い弦と向き合…

縦振動のタッチとスピード

良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話したが、 これは速いフレーズを弾けなければいけないという類の意味ではない。 どんなに速く弾けてもタッチスピードは大した事ないと見る事も出来ると思う。 速弾きの話と絡めた為に少々ややこしくなってしまっ…

縦振動のタッチと速弾き

「縦振動のタッチ」と一言にまとめてしまうと、 限定的だったりまたは特殊な奏法の様に認識されがちな気もする。 実際、それならではのサウンドがあるのは確かだと思うし、 完璧な縦振動による凄まじく濃密な低音には憧れを感じる。 しかしそこだけを目指す…

縦振動のタッチとフレット

縦振動のタッチを実践・実感するにおいて難しい楽器がある。 以前のエージングの話と同じ事を言う様かもしれないが、 24フレット以上や低弦高のセットアップの楽器だとかなり厳しくなる印象。 単純に弦がフレットにぶつかってしまうリスクが高くなる事と、 …

縦振動のタッチとPUの磁界

縦振動が重要になるのはPUの特性による面も大きい。 フェンダー系のベースで言えばJBとPBとではやはり反応が異なる PBタイプの方が磁界が広く振動方向・タッチに対しては寛容かもしれない。 極端な例で言えばOPBに搭載されている様なPUはタッチに対し本当に…

縦振動のタッチと生音

縦振動のタッチで弾くと何故太い音が出るのか? まずはアコースティックと言うか生音の面から考えてみる。 これはもう単純にボディがよく鳴る様になるからだと思う。 弦を垂直に押し込む事によって駒に圧力が加わり、 その結果ボディもより効率的に振動する…

縦振動のタッチを考える

そもそも縦振動のタッチとはどういったものなのかどんな効果があるのか、 物凄く簡単に乱暴にまとめると太く重い音が得られるタッチだと思う。 倍音構成的には基音が一番大きくなると言うかその為に太く聴こえる印象。 4弦の開放で言えば40Hz辺りの低音もし…

縦振動のタッチ

ジラウド店主の福田氏に教わってから軽く10年以上、 未だにずっと縦振動のタッチの練習に取り組んでいる。 あの音との出会いは自分のベース人生を完全に変えてしまった。 それまでは弦高は1mm以下、紙一枚入るかどうかってセットアップだったり、 薄くて幅の…