読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

速い音、遅い音、遠い音、など

音が速いの遅いのと言っても時速何kmで出るとかそういう話の事ではない。 非常に曖昧で感覚的な話だと思うし本来はどんな表現が的確なのか分からない。 しかしそんな言葉で説明せずともこの感覚が分かっている人は意外と多いはず。 例えば空間系のエフェクタ…

こんな楽器作りは嫌だ

俺らしい個性的な楽器を作ろう! シェイプも凝った物にして存在感を出そう! でも木材らしく温かくナチュラルで良い音がする物にしよう! どうも輪郭が無いから硬い木を貼ってみよう! 今度は硬すぎたから色々組み合わせてみよう! どうせなら豪華に見える派…

アンプの入力とかアクティブとかパッシブとか

楽器用アンプなどの機器には入力がハイとローとあったりもするが、 これがインピーダンスの事を指しているのかゲインの事を指しているのか、 実はよく分からない場合が多いんじゃないかって気がするところ。 例えばジラウドのJFDT-HAなどにもハイとローの切…

ジラウドと先入観

スラップモードに代表される様なクリーンな音のイメージがあるジラウドだが、 古くから叩き上げてきたものに触れるのも良いと言うか、 ローファイ系だったり無骨でイナたいサウンドなんかも実は得意な印象。 ワイドレンジでハイファイとか高速レスポンスなん…

Jiraud Slapper JFDT フルディスクリートプリアンプ

ジラウドのプリアンプJFDTをアウトボード仕様にしたのがスラッパー。 名前からの印象だけだとそのものずばりスラップ専用みたいに思われそうだが、 実際は非常に幅広く対応可能な高性能プリアンプとして使用する事が出来る。 純粋なバッファである同社のアク…

Jiraud Type4 Farad ケーブル

他に何を使っていただろうか?と言うぐらいずっと長く使ってるケーブル。 ギタリストの友人とブラインドテストなんかをした事もあるが、 これが圧倒的にレンジが広く解像度にも優れているのが分かった。 かと言って小綺麗にか細く聴こえるだけという物なので…

Jiraud Accelerator Active Balancer バッファアンプ

今時バッファの話なんて珍しくも何ともないかもしれないが、 その重要性を考えるともっとちゃんと注目されても良い様な気がするところ。 バッファに対し独自の味付けや音作りを求めるのは目的が違うかなと思う。 ハイインピーダンスの信号をローインピーダン…

動画集め(1) Anthony Jacksonとボリュームペダル

※メインベースがメンテ中で動画を撮れない為、縦振動とはまた別の話でも。 ボリュームペダルによるバイオリン奏法は誰でもやるか考えるかもしれないが、 アンソニー・ジャクソンの域まで鍛え上げるともはや芸術な気がする。 低い音や単音を伸ばしてそれらし…

縦振動のタッチとグルーブ

「グルーブなんて感じるもんだ!理屈じゃないんだよ!」 なんて言われ困惑したり答えも無くずっと悩み続ける事も珍しくないかと思う。 実際、そうとしか言えないものなのかもしれないし、 いくら考えようとも理想的な答えなんて出ないのも確かな気はする。 …

縦振動のタッチとフルチューン

縦振動の練習をするにはとりあえずOPBを弾くのが一番良いかと思うが、 ある意味ではそれ以上に難しいのがジラウドのフルチューンかもしれない。 電気的に高速な特性を求めるのであればこれ以上の仕様はないんじゃないかと。 また、ジラウドは電気的な要素に…

縦振動のタッチとパッシブ

パッシブこそが真の音みたいな妄信はどうでもいいと以前から話してきたが、 それでタッチを鍛える事で結果が出るのも実は確かなんじゃないかと思ってる。 実際、自分も純パッシブのOPBで散々練習をしてきた。 正直な話、酷いアクティブベースなんかを使うぐ…

縦振動のタッチとアクティブ

「アクティブは嘘っぽい。誰が弾いても同じ感じがする。」 なんて事がよく言われてたりもするがそれは反論もあるし同意もするところ。 インピーダンスの処理を考えるならばパッシブそのままが理想とは思えないし、 それで純粋で素直な音が出てくれるとは自分…

縦振動のタッチと初心者

縦振動は非常に高度で初心者にはハードルが高すぎるとも思われそうだが、 まだ変な癖が付いてなかったり指が固まってない方が実は有利かもしれない。 知人から聞いた話だが夫婦でジラウドに行き縦振動を教わってみたところ、 何と全くの初心者の奥さんの方が…

縦振動のタッチとエージング

以前からボディ鳴りやエージングについて話してきたが、 縦振動とも大いに関係があるんじゃないかと思う。 前の縦振動のタッチと生音の話を考えると分かりやすいかもしれない。 それだけボディに振動が伝わりやすいと言うか縦振動は生音からして変わる。 弾…

縦振動のタッチとレスポンス

タッチレスポンスと言う言葉をジラウドではよく聞く事になるかと思うが、 自分でどう説明したものかといざ考えると意外に難しい。 デジタル機器を扱っててタイムラグなんかを認識した場合、 恐らくは多くの人が気持ち悪い印象を覚えるかと想像する。 弾いた…

縦振動のタッチと練習環境

縦振動の実感と言うかタッチの変化を認識し難い楽器があると話しているが、 これはアンプシステムなどの環境についても同様だと思う。 世の中にある楽器用アンプのほとんどは物凄く濃い味付けをしてる印象。 それだけ回路的にも余計な物が多く結果的に様々な…

縦振動のタッチとフォーム

縦振動の練習に取り組むにあたってまずは指の使い方を意識すると思う。 ジラウドに行った人は第三関節を上手く使う事を教わるかもしれない。 実際それが本当に大事だと感じるし一つの運動としても理に適ってる印象。 ベースの場合は太く張りも強い弦と向き合…

縦振動のタッチとスピード

良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話したが、 これは速いフレーズを弾けなければいけないという類の意味ではない。 どんなに速く弾けてもタッチスピードは大した事ないと見る事も出来ると思う。 速弾きの話と絡めた為に少々ややこしくなってしまっ…

縦振動のタッチと速弾き

「縦振動のタッチ」と一言にまとめてしまうと、 限定的だったりまたは特殊な奏法の様に認識されがちな気もする。 実際、それならではのサウンドがあるのは確かだと思うし、 完璧な縦振動による凄まじく濃密な低音には憧れを感じる。 しかしそこだけを目指す…

縦振動のタッチとフレット

縦振動のタッチを実践・実感するにおいて難しい楽器がある。 以前のエージングの話と同じ事を言う様かもしれないが、 24フレット以上や低弦高のセットアップの楽器だとかなり厳しくなる印象。 単純に弦がフレットにぶつかってしまうリスクが高くなる事と、 …

縦振動のタッチとPUの磁界

縦振動が重要になるのはPUの特性による面も大きい。 フェンダー系のベースで言えばJBとPBとではやはり反応が異なる PBタイプの方が磁界が広く振動方向・タッチに対しては寛容かもしれない。 極端な例で言えばOPBに搭載されている様なPUはタッチに対し本当に…

縦振動のタッチと生音

縦振動のタッチで弾くと何故太い音が出るのか? まずはアコースティックと言うか生音の面から考えてみる。 これはもう単純にボディがよく鳴る様になるからだと思う。 弦を垂直に押し込む事によって駒に圧力が加わり、 その結果ボディもより効率的に振動する…

縦振動のタッチを考える

そもそも縦振動のタッチとはどういったものなのかどんな効果があるのか、 物凄く簡単に乱暴にまとめると太く重い音が得られるタッチだと思う。 倍音構成的には基音が一番大きくなると言うかその為に太く聴こえる印象。 4弦の開放で言えば40Hz辺りの低音もし…

縦振動のタッチ

ジラウド店主の福田氏に教わってから軽く10年以上、 未だにずっと縦振動のタッチの練習に取り組んでいる。 あの音との出会いは自分のベース人生を完全に変えてしまった。 それまでは弦高は1mm以下、紙一枚入るかどうかってセットアップだったり、 薄くて幅の…

緊張は本当に味方になるのか?

音楽・演奏における話だけではなく体調と精神の管理は重要なものだと思う。 「緊張を味方につける!」なんて事がよく言われたりするが、 体調不良に疲労やストレスまでセットにして頑張るのは辛いだけって気がする。 その中で現実逃避的に無理矢理に楽しもう…

ライブ前の食事

先日、Roman so Wordsと言うユニットのサポートでライブをした。 かなり速いテンポの曲が多く展開も複雑でアコースティックな曲までやる為、 とにかく体力が必要なのと音を大事にコントロールする集中力も必要になる。 速度的に3フィンガーも駆使する必要が…

リサイクルとピッコロベース

真剣にピッコロベースに取り組むか遊びでやるか、 その辺は好みやスタイルが分かれそうなところ。 深くハマると独自のスケールが欲しくなったり弦の数にも拘ったり、 確実にフルオーダーで作りたくなりそうなのでそれは勘弁かなと思う。 自分としては遊びで…

電池を笑う者は電池に泣く?

電気楽器の基本という事で思い知ったのが電池の質。 アクティブ楽器のリスクや宿命とも言えそうだけど、 外れを引くと酷い目にあうのだと改めて考えさせられる。 ジラウドを訪問した際にチェックしてもらった電池で8.5Vという物があった。 しかも初期電圧で8…

HPMの電源と電気楽器の基本

9V~12Vの電源が使えるこのHPMだが、 やはりと言うか12Vで使用した方が余裕があって安定もする印象。 ヘッドホンでの使用なら9Vでもそれほど問題は無いのかもしれないが、 スピーカーも鳴らそうと考えるならば話が変わってくると思う。 それなりに吟味しない…

Jiraud HPM ヘッドホンアンプ

ジラウドで初めて購入した製品がこのヘッドホンアンプ。 もう軽く10年以上前か15年前後は愛用しているかもしれないが、 未だに大活躍で本当に助かる相棒である。 アダプターだけでなく9V電池でも駆動するので移動先で使うにも便利。 今でこそヘッドホンでの…

当たりとエージングの醍醐味と

今まで数えきれないぐらいのジラウドベースを試奏してきたが、 俗に言う「当たり」と思われる個体が稀に誕生する印象。 最初からエージングされている様な音が出てしまうと言うか、 何年も弾いてきた自分の楽器と比べても悔しくなる様な物があったりする。 …

スピーカーのエージング

色々な意見がある事とは思うがスピーカーにもエージングは有効な印象。 と言うかスピーカーこそちゃんと鳴らさないと良い音がしてくれない気がする。 こちらもジラウドベース同様、気のせいではない変化を実感済み。 ド新品のスピーカーなら本当に数時間弾く…

エージングの実感とその逆

先日のエージングの話を実感しにくい例はこんなところかと思う。 細かく言うとキリが無いのでとりあえず簡単にまとめてみる。 ・弦高が物凄く低く振幅が小さい ・タッチがあまりに軽すぎるか表面的にバチバチぶつけるだけ ・バズだらけでも気にしない ・ボデ…

エージングはオカルトか否か?

弾き込む事で音が変わるとはよく言われる事だと思う。 扱いに慣れただけとかそんな事は有り得ないなんて意見もありそうだが、 自分はエージングというものを信じている人間である。 と言うか変わってなければ説明が付かないレベルの変化を経験している為、 …

BagEnd S15X-D

色々と試してきた中で一番気に入ったのがこのスピーカー。 ウーハーとツイーターの同軸仕様なのがユニークなポイントだと思う。 全ての音域がスムーズに繋がると言うか妙な分離感が無くて良い。 これは多弦ベースにおいては特に有効で威力を発揮する特性だと…

Cerwin-Vega V-153

ジラウドの試奏システムを再現しようと手に入れたスピーカー。 全く同じモデルかは分からないが知っている人にはお馴染みの物だと思う。 これでパワーアンプもVESTAXの物ならそっくりになるのだが、 現在では入手困難なのでまぁそこまで拘らなくてもいいかと…

ART SLA-2 パワーアンプ

JFDT-HAを鳴らす為に購入したパワーアンプ。 と言っても厳選した訳ではなく中古品を安く購入しただけだったりする。 それでも楽器用の物に比べればこちらの方がはるかに特性が良い印象。 極端な味付けがされた物は好みではないのでPA用の物が合っている。 オ…

Jiraud JFDT-HA

ジラウドを語る上で絶対に外せないのがこのプリアンプの存在だと思う。 所有して軽く10年以上は経つが未だにこれを超える物には出会っていない。 軽量小型だったり利便性の意味で惹かれる物も出てきてはいるが、 やはり音という一点についてはどうやっても比…

W-Bassの肝

ジラウドにおける大きな拘りの一つは生鳴りだと思う。 電気的な部分にだけ注目が集まりがちな印象もあるが、 楽器本体の鳴りにこそ音の肝があるんじゃないかと感じる。 その中でもW-Bassの鳴り方は特別なものがあるかもしれない。 もう20年近くが経過してい…

エレクトリック楽器の生音は無視すべきなのか?

ソリッドボディとマグネットPUの楽器をアンプで鳴らす。 そこにおいて生鳴りは関係無いと言う見方や意見もあるが、 個人的にはとてもそうは思えない事が沢山ある様に感じる。 最近のジラウドの中で言えばPJ仕様のベースがまさにそんな印象。 PBボディかJBボ…

W-Bassのプリアンプ JFDT-W

非常に専用パーツが多いこのベース、 やはりと言うかプリアンプも専用の物になっている。 JFDTの名を冠してはいるが1トーン仕様なので操作感覚はシンプル。 しかし音作りの幅はかなり広く驚く程に変化させる事が可能。 ブーストすればハイとローが持ち上がる…

W-BassのPU

厳密にどんな構造になっているかは分からないが、 このマグネットPUは本当にオリジナリティがある物だと思う。 繰り返す様だが指にも弓にも対応出来る事が素晴らしい。 しかも音量バランスが極端に崩れる様な事も無く安定している。 今はピエゾにも色々ある…

W-Bassのブリッジ

とにかく拘っている印象のこのW-Bass、 ブリッジも同様に非常に贅沢なものかもしれない。 以前、ジラウドはブリッジに特に拘りは無さそうだと話したが、 このベースに関してはちょっと別だと思う。 既成の金属のブリッジでは厳しい高さと角度を実現する為か…

W-Bassのボディ

W-Bassで特徴的なのはネックだけではなくボディも同様だと思う。 ジラウドならではの3Dシェイプの極致なのかもしれない。 弓奏に対応する為のカッタウェイが非常に独特である。 同社の新型でニュークラインと言うバイオリンシェイプの物があるが、 ジラウド…

W-Bassの指板

通常のベースと比較して大きく異なるのはまず指板だと思う。 厚みもRも一般的なエレクトリックベースのそれではない。 最大で厚さ15mmにもなる非常に贅沢で凝った作りになっている。 使用されているエボニーも真っ黒で高密度な印象。 ネック材と共に非常に厳…

弓でも弾けるベース

ジラウドの中でも特にオリジナルと言えるのがこのベースかもしれない。 弓奏にも対応した設計になってる本体とPUが非常に素晴らしい。 マグネットPUなのに弓の音もしっかり再生してくれる。 ガサガサとしたピエゾとは違い量感豊かで滑らかな音が魅力的。 磁…

Jiraud W-Bass (2)

・ボリューム ・JFDT-W スーパートーン ・JFDT-W オン/オフ スイッチ ・アコースティックモード スイッチ

Jiraud W-Bass (1)

ボディ:アルダー2P ネック:メイプル+ウォルナット 5p 指板:エボニー 15mm PU:Jiraud JP-3D プリ:JFDT-W 塗装:ポリ系

息抜きピッコロベース

ピッコロベースは賛否が分かれるところだと思うが、 個人的には【Brian Bromberg】のアルバムに衝撃を受けた。 完全にギターにしか聴こえないサウンドだがギターは一切使っていない、 ベースでこんな事が出来るのかとその内容に驚くほかなかった。 6弦ベース…

ブリッジに拘るか?

隅々まで非常に強い拘りがありそうなジラウドベース、 ところが使用するブリッジについてはそこまでの拘りは無い印象がある。 それこそごく普通のスパイラルタイプの物まで使用したりする。 バダスに関しては溝の切り方にポイントがありそうだったが、 やは…