ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Moody Leather Straps ベースとストラップ

演奏において地味にポイントになってくるのはストラップの様な気もする。

絶対に座って弾くなんて拘りでもない限りはほとんどの人に必要になるはず。

安っぽく頼りない物は疲れやすいし演奏にも影響が出てしまう可能性がある。

特に重いベースや多弦の使用においては生命線になるぐらい重要にも思える。

フォームが悪くなったり楽器がブレてしまえばやはり音は細くなるし、

座ってた時には弾けてたフレーズが立っては弾けないなんて話も困る。

長い目で見れば上達やパフォーマンスの妨げになる事も否定出来ないし、

その負担が体を蝕んでしまう事だって考えられるかもしれない。

 

楽器とフォームが安定しない弊害は本当に無視しない方が良いと思う。

フォームを考慮せず弦高を下げて解決しようとかタッチを弱くしようとか、

そういう傾向があったらそれはちょっと不味い方向に行ってる様に感じる。

まぁ達人クラスにでもなれば何が来ようと関係なさそうではあるが、

達人になる事を前提として物事を考えるのも強要するのもどうかと思うし、

野性的に本能で弾くのを目指すにしても頑丈な物を選ぶに越した事はないはず。

激しく弾きたいのに途中で切れてしまって座りながら弾くはめになったとか、

この世の中そんな情けない話もどこかにあったりするかもしれない。

 

自分が色々試してきた中で気に入ったのはMoodyのレザーストラップ。

もう何年使ってるのか分からなくなってしまったが本当に頑丈で頼りになる。

正直な事を言えば最初は硬くて扱い難い印象もあったのだが、

使い込んでいく内に馴染んで柔らかくなってくるのでそれがまた良い感じ。

ネオプレン製の物も以前は使ってたが伸び縮みする感覚が苦手になってしまい、

結果的にシンプルで幅の広い本革製の物に落ち着く事になった。

 

と言いつつ、ああいった人工素材の物も最近また気にはなっているのだが、

劣化してくると酷い事になるのを体験済みなので手が出ないでいる。

コスト的な事を考えても良質な本革製品は価値ある買い物になってくれる印象。

どちらにもメリットがあるとは思うが今の自分には本革が合ってると思う。

使い込んで体に馴染んでいく感覚も味わいも素晴らしい。

長い目で見ればこんな安い買い物もなかったと言えるんじゃないかと。

この安心感と安定感を味わってしまうとなかなか他に手が出なくなる。

 

繰り返す様だがストラップの影響力は侮らない方が良い気がする。

耐久性の面を考えるだけでも非常に重要な問題だと思うし、

それすら怪しい物には手を出さない方が賢明なんじゃないかと。

実際、ライブ時にストラップが切れてギターが落ちたのを見た事がある。

しかもそれが大きなイベントで一線のプロに起きた話だったりもするから怖い。

「あの人にもああいう事あるんだね~。」と微笑ましく済まされれば良いが、

全て台無しになって悲惨に青ざめ冷めた空気になるのは誰だって勘弁なはず。

ストラップ自体は頑丈でも取り付け穴が不味い事になってる可能性もあるし、

品質や価格問わず本当に気を付けた方が良いと思う。

f:id:bakibakibass:20170615225542j:plain