ポングとベース

ベース楽しむ人生を

飽き性だから楽器が続いた気がする話

このブログで中学時代を振り返ってみて、色々忙しく詰め込んだなぁと思う一方、 深く取り組んだものが実は無かった様な気もするところ。

今でもそうですが、とにかく飽き性でニワカ気質な為、一つのスタイルだけに集中するとか極めるとか、そういう事には向かないんだろうなと感じます。

 

ただ、それだからこそ、未だに懲りも飽きもせず、20年以上もずっとベースを続けてこれたのかなと思ったり。

 

所有してきたベースにしても、4~6弦、フレットレスにアコベ、ウッドにピッコロなど、使い道もジャンルも関係なく、滅茶苦茶に入り乱れてました。

今だからこそ「俺はこいつを弾く!」って一本があったりしますが、それまでは本当に節操なかったですし、買っては売りの返しで、何とも落ち着きが無かったなぁと。

 

聴くものについても同様と言いますか、まぁ、この辺も本当に節操ないと思います。

 

影響を受けてきたベースプレイヤーを簡単に並べてみると、TAIJIさん、スティーブ・ハリス、マルコ・メンドーサ、ジョン・ミュング、ジャコ・パストリアス鳴瀬喜博さん、ネイザン・イースト、アンソニー・ジャクソンスコット・ラファロマーカス・ミラーラリー・グラハム、ジェフ・バーリンスタンリー・クラーク納浩一さん、リチャード・ボナ、ヴィクター・ウッテン、マシュー・ギャリソン、ブライアン・ブロンバーグ、ヴィクター・ベイリー、チャーリー・ヘイデン、スティーブ・スワロー、ノーム・ストックトンマイケル・マンリング、ウィリー・ウィークスチャック・レイニージェームス・ジェマーソン、福田郁次郎さん、などなど、挙げるとキリが無いかもしれません。

 

逆に、一つのものしか受け入れる事が出来ないとか、それを徹底的に追求する事しか許さないなんて場合、自分だったらすぐ折れてしまっている気がします。

折れる前に逃げてしまうと言いますか、脇道に逸れてしまうと言いますか、テキトーに曲がりくねって進んでる方が性に合っているのかもしれません。

飽き性で中途半端だからこそ、新鮮さを失わなかったと考えればまぁ、それも決して悪い事でもないのかなと最近感じます。

 

その性格が良いか悪いか、考え方次第で変わるものだと思いますし、あーでなければいけないとか、こーでなければいけないとか、そんな他人の意見は気にせず、やりたい事をやるのが一番だなと強く感じるところ。

シンプルに刻むのも楽しいし、メチャクチャに弾きまくるのも楽しいし、ゴムみたく弾む音も良いし、バッキバキの金属感も良いし、短く弾いても長く弾いても叩いても押しても何しても、ベースは面白い楽器ではないかと。

そして、それ故に飽きないんじゃないかって気がする次第。

 

才能なくても極めなくても幾らでも遊べます。