ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとフィンガーランプ

最近は標準で装着されている事もあるフィンガーランプ。

簡単に言うと指が深く入らない様にする為の板と言うところか。

2PUのベースならその間を埋める様に付けられている事が多い。

より速く弾く為だけでなく音の粒を安定させる為にも非常に大きな効果がある。

指が不用意に深く入ってしまう事をほぼ絶対的に防ぐ事が出来ると考えると、

力んで音が潰れたり音量も音質もバラバラなんて事も回避しやすくなるはず。

相性の良い人なら必需品になってもおかしくないぐらいの効果も期待出来る。

 

しかし指が深く入らなかったり単純な力では弾き難くなる為、

よく言われる様に音が細くなったりダイナミクスが無くなるリスクもある印象。

ここぞ!と言う場面でガッツのある音を出し難いとか淡泊な感じになったり、

それが苦手で自分には合わないと感じる人も多いのではないかと想像する。

大きな効果を望める分だけ好みの分かれるアイテムである事も確かかと思う。

また、セッティングを詰めてない物も多く存在している印象なので、

酷い物は本当に扱い難く邪魔で仕方ないと感じるかもしれない。

自分のタッチと楽器に合う様に必ずセットアップした方が良いはず。

縦振動で弾きたくても全く弦を押し込む事が出来なかったり、

撫でる様な横弾きしか許してくれないなんてのは辛いかもしれない。

 

そんな賛否両論があると思われるフィンガーランプ。

使用する事で何故に音は淡泊になりがちなのか力強さが出ないと感じるのか、

付けてない物と比較してどんな変化が起きているのかを考えてみたいと思う。

まずとりあえずは以下の動画を見てもらうと幸いな次第。

 

※低音がしっかり出るヘッドホンなど推奨。 

www.youtube.com

 

どこの言葉かは知らないがアルアイレとアポヤンドの違いと言うか、

音の太さやアタックに確実に変化が起こっているんじゃないかと思う。

縦振動を意識するなら当然ながら弾き方はアポヤンド気味になるはずだし、

それを更に強力にして指を弦にぶつけ打音を得るタッチなども存在している。

軽く爪弾くだけのタッチと押し込む事を意識したタッチの場合、

例えミュートして実音を出していなくても音の太さに違いが表れる。

3弦を弾く際に4弦にぶつけるぐらいの勢いで弾いてみると分かりやすい。

バチ!と音がするまで強く弾くのは極端と言うかやりすぎ感もあるところだが、

それで独特のサウンドが生まれるのも確かなんじゃないかと思う。

タッチのスピードが速く角度やタイミングも良いほど、

太くパーカッシブな音やニュアンスを実音以外に加える事も出来る様になる。

 

ここで問題なのはランプを装着した際のその変化である。

そもそも指を深く入れる事が難しいだけでも音は細くなりがちなのに、

それに加え前述の様な打音や実音以外の要素も希薄になっていくと想像する。

指を深く入れる事は出来ないし低音側の弦にぶつけようとしても、

当然の事ながらその前にランプの方にぶつかったりそれがブレーキになる。

それが有利な点であるのも間違いないとは思うが、

思った様な太さやニュアンスが出ない原因になるのも確かなんじゃないかと。

 

そしてこのちょっとした違いがトータルのサウンドやグルーブなど、

そういった大切な要素に影響してくる可能性というのも否定は出来ないはず。

ギタリストで言えばただ単音を単純に弾いてチョーキングするか、

それとも低音弦の方から一気にかき鳴らす様にして弾きチョーキングするか、

そこで表現に違いが生まれたり極まってくれば感動したりもする訳である。

演奏してる本人ですらよく分かってない微妙な音は必ず存在するはずだし、

何でもかんでもノイズ扱いして排除するのが良いとは思わない。

それが強力な武器や独特の個性になっていく可能性も十分ある気がする。

 

フィンガーランプを使ったり弦高を下げる事は極端に言えば、

天然のコンプやリミッターをかけた状態とも考えられるかもしれない。

弦の振幅を小さくしたり制御したり音量を整える事にもなるし、

前述の様にニュアンスが出し難くなる面もあるんじゃないかと思う。

特に低音弦側のサウンドにそれが表れるかもしれないし、

PUやプリでそれを補おうとしてもなかなか思った様にいかない可能性も高い。

弦高を下げた事でバズが増えたりそれをアタックや個性と考えるのも良いが、

ランプを使う場合は大体は綺麗なタッチで弾こうとする事が多い気がする為、

そういったアタックやニュアンスなどに対しても淡泊になりがちな印象。

リアPU系の音が好きなら余計に軽くケロンケロンした感じにもなるはず。

 

ではランプで太い音を出す事は不可能なのかと言うとそれも違うと思う。

如何に弦を振動させるかと考えると結局はタッチの問題なんじゃないかと。

前述の様な打音などに頼れない分だけ実音の勝負になると言うか、

純粋な弦振動こそが問われてくると考えると非常に難しそうではあるが、

それでもタッチスピードが優れていれば話は全然違ってくるはず。

それこそピアニッシモで弾いても良い音を出せる様になりさえすれば、

ダイナミクスの問題などもクリアー出来る様になるかもしれない。

ランプを使いこなすなら小さな音でもパンチを出せる様になる必要がある印象。

 

また、繰り返す様だがとにかくセットアップが大事と言うか、

そこが不味い為に誤解も多く広まっている気がする次第。

ちょっと押し込んだだけでもう弦にぶつかってしまう様な状態とか、

逆に全く効果を感じないぐらいに低くセッティングされていたり、

そんな極端な状態では無意味に感じて当然なんじゃないかと思う。

どんなセッティングが合っているのか自分で見極めていく事が大切かなと。

100万円の楽器に付いている物だろうが何だろうがそんな事は関係ない。

自分のタッチと表現方法に合った調整をすべきではないかと感じる。

 

そんなこんなで最後にいつもの様な実験動画でも。

ランプを付けていてもやはりタッチで音は変わると思う。

弦に接近させると確かに色々と厳しくなる面もあるが、

だからと太い音を出す事を諦めたり無視するのは違う気がする。

縦振動をちょっと意識するだけでも音は随分と違ってくるはず。

 

※低音がしっかり出るヘッドホンなど推奨。 

www.youtube.com