読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとアクティブ

「アクティブは嘘っぽい。誰が弾いても同じ感じがする。」

なんて事がよく言われてたりもするがそれは反論もあるし同意もするところ。

インピーダンスの処理を考えるならばパッシブそのままが理想とは思えないし、

それで純粋で素直な音が出てくれるとは自分は全く考えていない。

ボリュームも何も付けずPUからジャックに直結するやり方なんかもあるが、

ケーブルが長かったりアンプの入力インピーダンスが低かったりした場合、

それの何がピュアな音なのか誤魔化しが無い音なのかと問いたい気がする。

痩せに痩せた元気の無い音がベース本来の音であると言うのは滑稽に感じる。

自然と言いつつ高出力で癖の強いPUやタッチに寛容なハムに依存したり、

そんな事にもなっているとしたらどうにも疑問に思えてならない。

 

とは言えプリアンプに独特の気持ち悪さや違和感を覚えるのも同感ではある。

その固有の癖や音色が嫌いだったり人それぞれ理由があるのではないかと思う。

そしてその中にレスポンスに対する感覚も大きく存在するのではと想像する。

以前にも話したがタッチレスポンスが悪いという事は致命傷にもなりえる。

音の出方に遅延があるレベルまでになると本当に気持ち悪いし違和感も酷い。

余計な部品やら何やら沢山通る事でそれだけ信号の遠回りになるとすれば、

まぁ当然の事ながら出音に遅れが生じてもそれほど不思議ではないはず。

それに加え楽器本体の鳴りも悪く遅いのでは余計に酷くなる。

 

そんなもの人間に分かるレベルではないと言われるかもしれないが、

1mmにも満たない紙を認識出来たりその感触もはっきり分かったり、

ほんのちょっとの棘が刺さってるだけでも不快感や痛みを認識する訳だし、

人間って動物をあまり甘く見ない方が良い様な気がする。

当事者の感覚というのは恐ろしいほどに鋭敏なものなんじゃないかと。

病的な思い込みや強烈な暗示に関しては何とも言えないところであるが、

アクティブに違和感があるって話は不思議ではなく当然の様な気がする次第。

そしてそれぐらい粗悪な物が溢れてるって事でもあるんじゃないかと。 

 

不自然にギラギラしたり特有の嫌な感じが出るのにはやはり理由があると思う。

そもそもの特性が滅茶苦茶だったり基本的に音がおかしい可能性も十分あるが、

立ち上がりが悪く低音が鈍重だったり音が引っ込んで前に出てこなかったり、

そうなると音抜けやアタックを意識してハイを足したくなるものである。

しかしレスポンスが良いとか立ち上がりが速いとかそういった感覚というのは、

耳に聞こえやすい帯域がどれだけ出てるかって話とは少々異なる様な気がする。

異常なハイなど出さなくとも抜けてくる音はあるし心地よい音もあるはず。

また粗悪なプリでノイズレスに自然にハイをブースト出来るとは思えないし、

基本特性が酷かったり反応の遅さを誤魔化す為に加工するなんてのは、

正直言ってかなり本末転倒な話なんじゃないかと感じる。

 

積極的に音を作ったりキャラを出す為にって理由で使うならまだ分かるが、

それを機材に対し求めていない人に避けられるのは当然なのかもしれない。

瞬間的なアタックや立ち上がりに対し足枷になってしまうのだとしたら、

これはやはりタッチコントロールに対する影響も非常に大きいはず。

そこでまた本来の音と言うか原型とは異なる加工をされてしまうとすれば、

タッチの無個性化にも拍車がかかっていく事になるんじゃないかと思う。

誰が弾いても同じ感じとか誰でもそれなりになんて話にも納得である。

初動の一番大事なところがきちんと再生出来なかったり遅れるなんてのは、

タッチを大事にする人間からしたら本当に致命的になりえる話ではないかと。

特に縦振動を知りたいならとにかくリアルタイムで高速な特性を求めたい。

 

残念ながら通しただけで音が痩せたり遅くなったり、

そういった印象を受ける物は世の中に沢山存在している印象。

最終的な音が良ければ音痩せはどうでもいいなんて意見もある事とは思うが、

音色が凄く良い様でも意外と使い物にならない例に遭遇してる人も多いはず。

根本的な解像度だったりレスポンスだったり音の飛び方だったり、

そういった要素に無頓着だとそんな事態に陥りやすい様な気がする。

位相特性が悪かったりそもそも音が引っ込んでいたりすると本当に疲れる。

それで前述の様にEQで異常な加工をしたり後付けで何とかしようとすると、

まぁ音は更におかしい事になっていき逆に無個性にもなっていくかもしれない。

 

縦振動で弾いても反応がいまいちだったり恐ろしい程に鈍い楽器は本当にある。

勿論それはプリアンプのみから起こると考えずにトータルで見るべきだが、

すでに本体に内蔵されてるとなると問答無用でそれを通る事になってしまう為、

やはり要注意なポイントであるのは間違いないと自分は考える。

内蔵プリアンプの質が低いと想像以上にレスポンスは酷い事になると思う。

ツマミがセンターだからフラットで色付け無しなんて考えも危険かもしれない。

残念ながらそれを通るだけで生まれるリスクというのが存在する印象。

 

それならパッシブに切り替えれば良いとも思われそうだが、

以前にも話した様にトグルスイッチすらも粗悪だったりする可能性があったり、

音痩せやレスポンスの悪さの原因は様々な場所に潜んでいたりする。

アクティブからパッシブに切り替えてもボリュームが効く物は注意と言うか、

ローインピーダンスのポットを通ってしまってはそれだけで音は相当痩せる。

繰り返す様だがパッシブだからピュアだナチュラルだって事はないはず。

インピーダンスのアンマッチングは致命的にもなりかねない要素だと思う為、

まぁ本当にしっかり把握してないと色々酷い目にあうんじゃないかと。

 

個人的に思うのはギタリスト的視点からベースのレビューをしていたり、

その感覚のままに音作りをしている様なのは信用しない方が良い気がしてる。

そういうスタイルで行くならば必要なやり方なのかもしれないが、

多くの悩みや悪戦苦闘を見るにどうも方向性が違ってる事が多い印象がある。

太い音が出したい、音抜けを良くしたい、グルーブしたい、

そう考えてるのにギター的な機材を求めたり音作りをしてどうするのかと思う。

そのギターにしたってやはり過剰なエフェクトを良しとはしないだろうし、

特に低い帯域が重要になるベースでそれをやってしまうのは不味いはず。

中域が大事なんて意見も分かるしそこを中心とした音作りもあるのだろうが、

だからと低音を軽視したり音痩せを許容しすぎるのも納得出来ない。

その低い音を如何に充実させるか実用するかが勝負であり美味しさかなと。

 

色々迷って困ったらシンプルにしてみてタッチを研究するのをおすすめしたい。

結局は元のスタイルに戻ったとしてもその経験から絶対に良い結果が得られる。

音が細いと感じたらツマミに触れる前にまずは弦を押し込んで弾くと良いかも?