ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチ

※リニューアル中

pompombass.hatenablog.com

 

ジラウド店主の福田氏に教わってから軽く10年以上、

未だにずっと縦振動のタッチの練習に取り組んでいる。

あの音との出会いは自分のベース人生を完全に変えてしまった。

それまでは弦高は1mm以下、紙一枚入るかどうかってセットアップだったり、

薄くて幅の狭いネックを好んだりとにかく安易な弾きやすさを重視に考えていた。

当然の事ながらタッチは物凄く軽くほんの触れる程度だったと言ってもよい。

出音はEQのブーストで誤魔化したり完全に機材任せ、

そしてそれを「これが自分のスタイルなんだ!」と恥ずかし気も無く誇っていた。

弦高上げて力任せなんて時代じゃないだろ非効率だと考えていた。

 

しかしそんなつまらないメッキなどすぐ剥がれてしまうと言うか、

本物の前にいとも容易く粉々に打ち砕かれてしまった。

自分が弾くとカスみたいな音しか出ないただのパッシブベース、

それを福田氏が弾くと別次元のとんでもなく太い音が出てくる。

しかも力任せではなくごく自然にその音を出している。

何が起きているのか全く分からなかったしとにかく恥ずかしくて仕方なかった。

これでよくも自分のスタイルが出来上がりつつあるなど考えていたものだなと。

自分に何の基礎も身に付いてないんだなって事を心の底から思い知らされたし、

ベースの事も何も理解しようとせず適当に弾いてたという事実を痛感した。

 

そんなある意味ではトラウマにも近いぐらいの体験をした縦振動だが、

最近ようやくその音を出す感覚が何とか分かってきた様な気がする。

まぁ10年以上も取り組んだのに拘わらず未だに本家には遠く及ばないが、

ペチペチのベースから挫折を繰り返してきた者ならではの視点があるとも思う。

「俺のスタイルじゃねーや!」と何度も諦めかけてきたからこそ分かる事がある。

今後どれぐらい書き続けていく事になるかは分からないが、

このブログ上でも縦振動の研究をしていってみたい次第。

 

そんな訳でちょっとした実験動画でも。

縦振動を意識するとブリッジ付近でも小指でも太い音が出せる様になる。

人差し指でも中指でも弦振動の方向や力加減が悪ければ良い音は出ない。

縦振動が身に付いてくるとどの位置でもどの指でも太い音が出るから面白い。  

手が小さいとか非力だとかそんな事も関係なくなってくるかもしれない。

何よりベースを弾く事がもっと楽しくなるのが素晴らしいと思う。

 

※低音がちゃんと出るヘッドホンなどで聴くのを推奨。

www.youtube.com