読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとスピード

良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話したが、

これは速いフレーズを弾けなければいけないという類の意味ではない。

どんなに速く弾けてもタッチスピードは大した事ないと見る事も出来ると思う。

速弾きの話と絡めた為に少々ややこしくなってしまったが、

指先のヘッドスピードとでも言った方が良いのか、

弦から指が離れるまでの速度と言えば良いのか表現が難しいところである。

完全に自分のイメージが勝手に作った言葉の様な気もする。

 

とりあえずまずは何故そのスピードが必要なのかという話になりそうだが、

弓矢をイメージすると何となく分かりやすい気がするかもしれない。

矢を真っ直ぐ飛ばしたいのに変な方向に引っ張る人はいないはず。

一見は綺麗な様でも放つ瞬間に妙な癖があってブレたりするのも良くないはず。

力を入れる・抜くタイミングがおかしいのは致命的だと思うし、

やはり矢を放つその瞬間が大事なのではないかと想像する。

勿論、そこに到るまでの過程も大切でそれが結果を生むのだろうが、

最後の最後でヘナヘナになってしまってはそれこそ台無しなんじゃないかと。

 

弦振動は言ってしまえば人の手によって弦が現在地から強制的にずらされ、

そこから元の位置に戻ろうとする運動なのではないかと思う。

当然の事ながらそのまま放っておいて弦が激しく振動する事は無いし、

勝手に自動に永遠に振動し続けるなんて事も有り得ないはず。

その元の位置に戻ろうとする弦の初動と軌道が大事と言うか、

そこで良い結果を生む為にタッチスピードが必要になるんじゃないかと感じる。

矢を射るのに指の動きがもたついてたり引っかかっていては論外だし、

肝心の放つ瞬間の動きがぬる~っとゆっくりしてるなんてことも無い様な。

どこぞの野球監督ではないが「グ~ッと来てパッ!」なイメージかなと。

 

縦振動においては弦を綺麗に垂直に押し込む事がまずは第一になるし、

そこから如何にそのまま何の癖もなく戻ってくる様にするかが最重要な印象。

どんなに綺麗に押し込めたとしてもその先に勝負が待っている。

指の抜き方が悪かったり指が残ったりもたついて弦から離れなかったり、

それでは余計な軌道を描く結果になってしまうし弦が不要に暴れてしまう。

弦が不自然にたわんでしまうほどに力を入れても良い結果にはならないし、

フレットが障害物の様にぶつかりブレーキになってもいけない。

独特の音色とか個性とか言う前に振動に露骨な影響が出るのは確実だと思う。

弦の初動の水平運動を如何に綺麗にするか瞬発力を持たせるか、

それが鍵になるんじゃないかと自分は感じている。

 

具体的の様な感覚的の様な難しいタッチスピードの話、

しかしこれを高めない限りは縦振動を実現・実感する事も出来ないと思う。

縦振動に限らずとも力強く瞬発力のある音を得る事は難しいかもしれない。

指弾きで物凄く立ち上がりも歯切れも良く弾くのはやはり相当に困難な印象。

しかもそれを太く重い音で実現するとなると余計に道は遠くなる様に感じる。

一音だけ集中して出すのであれば弓矢の様にじっくり構える事も出来そうだが、

実際の演奏ではそれが許されない場面の方が圧倒的に多いと言うかほとんど。

一音一音をいちいち溜めて集中して弾いている暇なんか無いはず。

本当に瞬間的に合理的に指を動かさねばならない。 

押し込むと同時にもう指を抜く準備が出来てなければいけないのが現実かなと。

 

しかしその両立が本当に難しいと言うか恐ろしい程に困難だと思い知らされる。

勘違いしたパターンではただ弦をこする様に弾いてたなんて人もいたらしい。

当然ながらそれでは弦は振動してくれないし振動方向以前の問題だと思う。

タッチスピードを得る為に不自然に窮屈なフォームにする事なんかもある。

これは完全に自分の失敗談だが未だにその癖が残ってしまっている気がする。

スピードを出す為にやたらと力んだり手首をガチガチに固定したり、

それでも一応は限定的に良い音を出せる様にもなるかもしれないが、

まぁ長時間演奏したり疲労も怪我も無く弾き続ける事は無理だと思う。

脱力して自然に弾ける事が望ましいしその方が応用力も表現力も豊かになる。

 

究極はピアニッシモでも充実した良い音を出せる様になる事かもしれない。

自分もまだとても辿り着けない領域であり本当に先は長いなと感じる。

大きな音で迫力を演出したり低音を強調して主張する事はある意味簡単だが、

小さな状態で重心が低く濃密なサウンドを実現する事は困難極まりない。

どうすればそのスピードとタイミングを掴む事が出来るのか、

まだまだ今後もずっと研究を続けていきたい次第。