ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとタッチスピード

良い音を出すにはタッチスピードが重要と先日話しましたが、これは「速弾き出来なければいけない!」という類の意味ではありません。

どんなに速く弾けたとしても、タッチスピード自体は実は大した事ないなんて場合もよくある話なんじゃないかと。

 

速弾きの話と絡めた為に少々ややこしくなってしまいましたが、指先のヘッドスピードとでも言った方が良いのか、弦から指が離れる速度とでも言えば良いのか、なかなか表現が難しいところです。

完全に自分のイメージが勝手に作った言葉の様な気もしたり。

 

で、とりあえず、何故そのスピードが必要になるのかという話になりそうですが、弓矢をイメージすると何となく分かりやすい気がするかもしれません。

矢を真っ直ぐ飛ばしたいのに変な方向に引っ張る人はいないはず。

放つ瞬間に妙な癖があったり、あらぬ方向にブレたりするのも良くないはず。

力を入れる・抜くタイミングがおかしいのは致命的だと思いますし、やはり、矢を放つその瞬間が大事なのではないかと想像します。

勿論、そこに到るまでの過程も大切であり、それが良い結果を生むのだとも想像しますが、どんなに理想的に綺麗に見える様でも、最後の最後でヘナヘナになってしまっては台無しなんじゃないかと。

 

弦振動は言ってしまえば、人の手によって弦が元の位置から強制的にずらされ、そこから戻ろうとする運動なのではないかと思います。

当然の事ながら、そのまま放っておいて弦が激しく振動する事は無いし、何の作用もなく勝手に永遠に振動し続けるなんて事も有り得ません。

その元の位置に戻ろうとする弦の初動と軌道が大事と言うか、そこで良い結果を生む為にタッチスピードが必要になるんじゃないかと感じます。

矢を射るのに指の動きがもたついてたり引っかかっていては論外だし、肝心の放つ瞬間がぬる~っとゆっくりしてるなんてことも無い様な。

どこぞの野球監督ではありませんが、「グ~ッと来てパッ!」なイメージかなと。

 

縦振動においてはまず、弦を綺麗に垂直に押し込む事が第一になりますし、そこから如何に何の癖もなくそのまま弦が元の位置に戻ってくる様にするか、それが最重要な印象。

どんなに綺麗に押し込めたとしても、その先に勝負が待っている訳ですね。

指の抜き方が悪かったり、指がいつまでも残ってしまったり、もたついて弦から離れなかったり、それでは肝心のスピードを出せずに余計な軌道を描く結果にもなってしまいますし、弦が不要に暴れてしまう原因にもなります。

また、よりスピードを得ようと弦が不自然にたわんでしまうほどに力を入れても良い結果にはなりませんし、フレットが障害物の様にぶつかり振動のブレーキになってもいけません。

弦の初動の水平運動を如何に綺麗にするか瞬発力を持たせるか、それが鍵になるんじゃないかと自分は感じているところです。

 

具体的の様な感覚的の様な、何とも難しいタッチスピードの話、しかし、これを高めていかない限りは、縦振動を実現・実感する事も出来ないんじゃないかと思います。

縦振動に限らずともタッチスピードに難があるのでは、力強く瞬発力のある音を得る事は難しいかもしれません。

やはりと言うか、指弾きで物凄く立ち上がりも歯切れも良く弾くというのは、相当に困難な印象。

しかも、それを太く重い音で実現するとなると、余計に道は遠くなる様に感じます。

 

一音だけに集中して出すのであればまぁ、弓矢の様にじっくり構える事も出来そうですが、実際の演奏の場ではそれが許されない事の方が圧倒的に多いと言うか、ほとんどではないかと。

細かい刻みが要求される場面などにおいて、一音一音をいちいち溜めて集中して弾いてなんて暇なんて無いはず。

本当に瞬間的に合理的に指を動かさねばなりませんし、 弦を押し込むのと指を抜くのと同時にやらなければいけないってのが現実かなと。

 

しかしま~、その両立が本当に難しいですし、高レベルで実現するのは恐ろしい程に困難な事だと思い知らされます。

高速なタッチを勘違いした人の中には、ただ弦をこする様に弾いてただけなんて事もあったそうな。

当然ながら、それでは弦は振動してくれませんし、振動方向以前の問題だと思います。

 

また、タッチスピードを得る為、不自然に窮屈なフォームにする事なんかもありますが、怪我の元になるのでやめた方がよいでしょう。

まぁ、完全に自分の失敗談なんですが、未だにその癖が残ってしまっている気がするところ。

スピードを出す為にやたらと力んだり、手首をガチガチに固定しようとしたり、力で縦振動を実現しようという不味いパターンですね。

 

それでも一応、鍛えていけば限定的に良い音を出せる様にもなるかもしれませんが、そのまま長時間演奏したり、疲労もせずに弾き続ける事は無理だと思います。

やはり、脱力して自然に弾ける事が望ましいですし、その方が応用力も表現力も豊かになるはず。

 

究極はホント、ピアニッシモでも充実した良い音を出せる様になる事なのかもしれませんが、自分もまだとても辿り着けない領域であり、本当に先は長いなぁと感じるところ。

大きな音で迫力を演出したり、強力なアタックを出して主張する事などはある意味簡単ですが、小さな音量で濃密なサウンドを実現する事は、ま~、困難極まりないです。

どうすればそのスピードとタイミングを掴む事が出来るのか、まだまだ今後もずっと研究を続けていきたい次第。