ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとフレット

縦振動のタッチを実践・実感するにおいて、難しい楽器があります。

 

以前のエージングの話と同じことを言うようかもしれませんが、24フレット以上や低弦高のセットアップの楽器だと、かなり厳しくなってくる印象。

単純に弦がフレットにぶつかってしまうリスクが高くなるのと、弦を押しこむのが物理的に難しくなってる事が、条件としてよろしくない気がします。

 

フレットにぶつけてアタックを出すのが縦振動だと解釈される事もあるみたいですが、自分が教わったのと考えている縦振動はその対極にあるかなと。

弦が暴れてフレットにぶつかった時点で、肝心の基音が小さくなってしまう為、それでは低音は確実に痩せてしまう事になると思いますし、実音も希薄になる印象。

バチバチと派手には聞こえそうですが、意外と見せかけの音になりがちなんじゃないかと。

 

縦振動と言うか、良いタッチが身についてくればどんどん音は太く強くなり、それと同時に、バズも無くなっていくかと思います。

と言うことは、フレットもすり減らなくなるし、実は、楽器に対するそういったダメージも減っていく事になるはず。

最大音量を得る為、最終フレットに触れるぐらいにまで押しこむ事はあっても、そこから乱暴に指を振り抜き、弦を暴れさせるような事はしません。

やるとしても、それはまた別のタッチと言うか、別の表現方法になりそうです。

 

そんな理由から、フレット数が多くなる事と低弦高にはリスクも伴う印象。

楽器の鳴り方としてボディ鳴りを得づらくなる面もあるかもしれませんが、根本的にタッチコントロールが難しくなる事も大きいような気がします。

これは、縦振動における問題だけに限った話ではないと思いますし、そういった条件の楽器で全くバズも出さず、強力な音を実現するのは本当に難しい。

 

バズもお構いなしで低音はプリアンプで作る、なんて考え方もありそうですが、大体の場合、アンサンブルでは弱かったり、迫力ある音にはなってくれないかと想像。

コンプやプリなどにいくらこだわっても、大本になる弦振動が弱いのでは、やっぱり厳しい。

そもそもの声量が全く無いのを、マイクでどうにかしようというのは、本末転倒のような?

 

より音域を広げ、演奏の可能性を見出そうとするのは、確かに素晴らしいことです。

高い技術の習得に伴い、快適な演奏性を求めるのも当然の話かもしれません。

低弦高でも問題なくバリバリ弾きまくれる人はいるだろうし、それでドッシリとボトムを支えている人もちゃんといるはず。

 

一方、あまり根拠も無く楽器を選択し、それで無駄に苦労している人も多い気がするところ。

ほとんど高音域は使わないのにリスクだけ増えるなんて、それはもったいない話なんじゃないかと。

 

また、基礎を高める事を考えず、表面的な弾きやすさを求め、それで音が痩せてしまうなんてのも、いただけない話。

「人と違うことを!違うものを!」と考えるのも凄くよく分かるんですが、悔しいかな、スタンダードやシンプルな良さが存在するのも確かだと感じます。

特に、太い音を出したいのであれば、なおさらそれを見直した方が良いように思います。

 

後、これはベースにおいてもギターにおいても同様かもしれませんが、過剰にフレットを増やすことで、PUの位置が不自然になるのも問題な気がするところ。

これも以前に話しましたが、2PUのミックスというのは、非常に難しい印象があります。

そのあたりについて考慮されてない物は音が痩せるだけになってしまったり、選択肢を増やすことが必ずしも明るい可能性に繋がるとは限らない。

 

だから、自分にとって合理的で相性のいい楽器を見極めることは、重要な問題になってくるはず。

縦振動の練習をするにも、それに全く反応しないような物を手にして挑むのは、なかなか厳しいです。

 

そういう意味では、フレット数というのは、意外に厄介なものなのかもしれません。

自分は21フレットの物を愛用していますが、やはり、そこから増やそうとは思わないのが正直な話。

たった3つ増やすだけでもどれだけ音が痩せるか、自分には合わないか分かっている為、24フレット以上に手を出すことはありません。

やるにしても、方向が違うフレットレスが欲しい時とかになりそうかなと。

 

そしてたぶん、本当にJBやPB系が好きな人なんかは、無意識にでもそう認識していると想像するところ。

特にスラップ派なんかは、そのあたりにうるさい人も多いんじゃないかと。

縦振動を意識せずとも、フレットが多い物が苦手な人がいるというのは、非常にわかる話。

 

楽器本体もタッチも含め、想像以上に影響があるんじゃないかって気がする次第。