ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチ 立奏時の違和感などについて考える 

こちらは前回。

pompombass.hatenablog.com

 

ベースを座って弾く際、まず楽器を右脚の付け根か太腿の辺りに乗せ、今度は右腕を上に乗せるんじゃないかと思います。

そして当然の事ながら、左手はネックを支えるか弦を押さえようとする。

勿論、自分もやりますし、楽器を安定させる為に本能的にそうするはず。

ヘッド落ちなどする物なら尚更と言いますか、左手だけで支えようとはせず、右脚と右腕も使って無意識にでもバランスを取ろうと行動するんじゃないかと。

 

しかし、座っている時にはそれで安定させる事が出来たとしても、立って弾く場合は状況が一変してしまう事にもなるかもしれません。

楽器を脚で支える事が出来なくなる為、これに頼った弾き方に慣れてしまっている場合、いつまで経っても立奏時の違和感が無くならない可能性がありますし、練習の成果が上手く出ない事なども考えられそうな気がします。

立って弾くとどうも安定しない、音が軽くなる、思った様に弾けない、ストラップの高さや質に関係なく、そんな心当たりがある人も結構いるんじゃないかと。

 

先日の話とも繋がりそうですが、右腕をボディ側面、親指をPUや弦の上などに強く乗せようとした場合、確実に下方向への力が加わる事になるはず。

それを脚がしっかりと支えてくれるなら良いですが、立奏時はやはり、ストラップを付けて弾く事になる訳ですから、それだけ余計な力になったり負担にもなるんじゃないかと思います。

右側に過剰な力が働ければそれをフォローする為、左側にも何らかの影響があると想像しますし、それどころか、左側まで一緒になって一生懸命に下方向に力を入れているのでは、ちょっと笑えない話にもなってきそうなところ。

 

縦振動を意識した右手のタッチにしても左手の押弦にしても、楽器本体に対して垂直に圧力を加える様な意識と運動が一番効率が良いんじゃないかと感じます。

座奏時と立奏時の違和感を無くす意味でも、上下に力を加えたりそれで固定する様な方法にはあまり頼らない方が良い様な気がする次第。

また、楽器のふらつきを解消する為だったり、フォームを安定させる為に左手の握力に頼った弾き方など続けた場合、腱鞘炎の元になったりスムーズなフィンガリングの妨げにもなる可能性が高い印象。

そこで弦高を下げる選択などをすると悪循環の様に音も痩せていくと思います。

 

そういう意味では、ジェームスジェマーソンなんかはやはり興味深い存在。

 

右親指をPUや弦に置いて固定する様なスタイルとは異なりますし、弦高も異常に高かった事で有名です。

しかし、非常に心地よく弾む様なサウンドとグルーブを実現していたり、体をカチコチに固めて力んで弾いている印象など全くありません。

16分音符を積極的に織り交ぜた細かいフレーズでも実に自然に見事に弾き切っているし、しかも右手については人差し指一本でやっているというのだから驚愕。

 

今後また触れていく事になるかと思いますが、ジェマーソンと縦振動のタッチとの関係は切っても切り離せないものかもしれません。

ジェマーソンがやってる事に自然と納得してしまいます。