ポングとベース

ベース楽しむ人生を

アコースティックピッコロベース

www.youtube.com

 

7~8年前だったか、かなり以前に撮った動画です。

 

この楽器、残念ながら今はもう手放してしまいましたが、正直、残しておいても良かったかな~と、少し後悔しているところ。

 

ミディアムだったかショートスケールだった為、ギター弦でも普通にペグまで届いて良かったんですよね。

この動画では確か、ボールエンド付きのナイロン弦を張っていたかと思いますが、ベース用のそういう専用弦なんて無い為、短いスケールの楽器はその辺が助かります。

 

5弦ってのも個人的に美味しいポイントでして、上に増やすか下に増やすかと選択肢が増えるのがナイス。

 

こちらは7弦ギターの下の5本を張るとか、そんな事をやってた記憶。

www.youtube.com

 

まぁ、先日の「ベースらしいベース」って話からは矛盾する様ですが、完全に高音弦がメインでベースとはかけ離れてる方が潔い気もするところ。

変に何でも出来るより別物にした方が違う楽器として良いんじゃないかと。

自分はギターが全く弾けない為、こういう楽器を用意した方が感覚も狂わず手っ取り早かったりしますし、一つの趣味遊びとして結構おすすめかもしれません。

 

しかし考えてみれば、ピッコロベースの定義って何なんでしょうね?

高音弦を張ればピッコロって扱いにしちゃってますが、実は厳密にチューニングが決まってるって事だったら、自分のは何ベースになるのか?

そもそも、ベースって分類のままで良いのかも疑問な気がしますし、何とかギターって呼んだ方が音的には納得かも?