ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ベース初心者・中学時代(24) MARCO MENDOZAの6弦フレットレスに度肝を抜かれる

先日の続きになりますが『Screaming Blue Murder』という、このライブアルバムでのマルコのアプローチはそうそう聴けるものではないかもしれません。

6弦フレットレスを縦横無尽に弾くだけでも強力ですが、自由に弾いてる感が凄いと言うか、決まったフレーズを弾いている感じがしない演奏を聴いたのは、これが初めてだった様に感じます。

これはたぶん、サイクスがそれだけマルコの事を認めていたという事でもあると思いますし、あれこれ指定せず任せていたのだろうとも想像します。

 

勿論、バッキングもろくにせずに弾きまくるとかそういう事ではなく、あくまでもベースとしてのポジションにいるのは確か。

しかし、ギターソロを弾いてるバックでこんなにベースが動いて良いのか、積極的に絡んでも良いのか、このフレーズはどこから来てるんだ、この自由奔放さは何なんだと、その未知な演奏に心底驚いた次第。

超お気に入りだった【Please Don't Leave Me】に関しては、サイクスのゲイリーばりのギターにも感動しましたが、マルコのプレイも自分にとって非常に大きな衝撃をもたらしたと思います。

 

言葉は悪い様ですが、ゲイリーのバンドは完全にワンマンショーな感じと言いますか、ある意味ではカラオケみたいになっちゃってる様な気もするので、ベースとしては聴きどころが無い印象。

一方、ブルー・マーダーに関してはやはり、マルコの存在を凄く強く感じますし、特にこのライブアルバムに関して言えば「ギターのオクターブ下担当」みたいな役割だけで終わる様なのとは全く違うんじゃないかと。

好みは分かれそうですが、セッション的な要素やグルーブが非常に面白かった印象。

 

しかし、それだけにまぁ、演奏技術だけでなく楽器についてもそうですが、正直、コピーが全く出来なくて諦めるしかない曲も多く、やったのは【We All Fall Down】や【Dancin' In The Moonlight】とか、その辺ぐらいだった記憶があります。

単純に16分音符を刻むだけならメタルでずっとやっていた事ですが、独特の間を持たせると言うか、休符も上手く使い空間を作ると言うか、そういった感覚が当時の自分には全く分からず、実現も出来ませんでした。

 

ラテン系でよくやるタッピングとかグリッサンドのテクニック、フレットレスならではのスライドハーモニクスなど、今聴くからこそ気付いたり分かりますが、当時はベースの音として認識してなかったと思いますし、やはり、完コピなんて不可能だったなと。

どの曲にも聴きどころがありますが【Jelly Roll】などもコピー不能な見本だったかもしれませんし【Still Of The Night】の間奏部分なんかもどう弾いていいか分からなかった次第。

そもそも、一曲目の【Riot】からしてもう、6弦フレットレスならではのプレイが炸裂しており、イントロからずっとローC#が必要って時点ですでに無理な話。

 

とにかく聴きまくったのは確かだけど、中学生当時の自分にはあまりに遠い世界の演奏だった様な気もします。

 

ちなみにこのライブアルバム、ミックスや音質の問題からか、サイクスのファンからはあまり評判が良くないみたいなんですが、自分としてはそれが逆に良かったのか、ジャズやフュージョンなどへの入り口にもなってくれた様に感じるところ。

ギター主導でガンガン引っ張っていくとか、ドラムも何もかもうるさく全力疾走するとか、幻想的なファンタジー世界に浸るとか、そういうサウンドとは異なっているのがまた大人な感じで良かったのかもしれません。

 

バラード集みたいな感じではありますが、サイクス個人名義の『Love Land』ってアルバムもお気に入りで、後によく聴いていました。

やはり、音楽的な嗜好が変わりつつあったんじゃないかと思いますし、また、この辺りから指弾きの練習時間も確実に増えていったかなと。

ま~ホント、マルコ・メンドーサのベースとの出会いは自分の人生において、かなり大きな影響をもたらした様に感じる次第。

 「フレットレスでロックは出来ない!」みたいな先入観も壊してくれたと言うか、それ以前にフレットレスなんて楽器がある事すら知りませんでしたし、イメージや言葉もクソも無く「この人凄ぇ!」と唸らせる事をやってたのがやはり素晴らしい。

 

ハードロックの中でこれだけ6弦フレットレスを駆使して自由に弾いているアルバムは他に存在しないんじゃないかとすら思うところです。

 

今聴いても凄いと感じる貴重な一枚だなと。