ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ベース初心者・中学時代(23) JOHN SYKESとBLUE MURDER MARCO MENDOZAの衝撃

ゲイリー・ムーアからの流れで兄貴に教えてもらったのがジョン・サイクスと、彼がリーダーを務めるブルー・マーダーと言うバンド。

 MR.BIGだとちょっと爽やかすぎる、ゲイリーのブルース路線だと渋すぎるか、ワンマンすぎてバンドサウンドとしては物足りない、そんなところ、このブルー・マーダーのサウンドが非常に良い感じにハマった様な気がします。

 

基本的にはハードロックなんだけど、渋い大人の雰囲気があると言いますか、レスポールから繰り出される骨太の男らしいサウンドにも痺れましたし、翌年、それに影響されまくった相方のT.Gが、サイクス仕様の古いグレコのレスポールを買ったのも思い出深いところ。

テンポが速い曲やメタル系だけを聴くのではなく、この辺からやはりまたちょっと好みが変わっていったかなと。

 

このバンドのサウンドは本当に我々にとってストライクであり【We All Fall Down】と言う曲などは、すかさずコピーに取り掛かってたと思います。

 

そして、ギターとバンドだけではなく、ベース的に凄まじい衝撃を受けたのが、サイクスをサポートするマルコ・メンドーサの存在。

ブルー・マーダーの『Nothin But Trouble』と言うアルバムで、また未知との遭遇をした気分になった次第。

 

先のWe All Fall Downなどに関しては、言ってしまえば分かりやすいハードロックな為、ベース的にそんな驚く様な事はありませんでしたが、問題は【Save My Love】と言うバラード。

サイクスによるロングサスティーンのフレーズから始まるのだけでもインパクトがありましたが、粘りがある様な弾力がある様な、フレットレスならではのマルコのそのプレイとサウンドにブッ飛ばされたかもしれません。

ひたすら金属感を追い求めていた自分の理想とは対極だったと言いますか、正直な話、ピック弾きで出来る事の限界を感じた様な気すらしました。

 

ブルー・マーダーにハマったのは、サイクスのギターと曲が単純に好きだったのもありますが、このマルコの存在あってというのも本当に大きいと思います。

新しいものに出会ってしまった感覚というのが強烈に残ってますし「こんな音は絶対出ない・・どうやってるのかさっぱり分からない・・」と、音に対する悩みがまた更に増えてしまった次第。

 

これまでの一連の話の通り、とにかくゴリゴリバキバキの音を目指していた自分ですが、文化祭の事があったり、MR.BIGなどを聴いてまた感覚が変わってきていたり、それに加え、マルコのフレットレスでしかも6弦ベースが来たものだから、ま~、色々忙しく巡るものがあったかもしれません。

 

しかも恐ろしい事に、このアルバムは実はまだ序の口と申しますか、更にショックだったのが『Screaming Blue Murder』と言うブルー・マーダーのライブアルバム。

6弦フレットレスを駆使したここでのマルコのプレイは今でも真似出来る気がしないし、聴く程に新鮮な発見があったりもします。

 

長くなってしまうので、その話はまた後日。