ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチ 速弾きや3フィンガーなどへの恩恵を考える

こちらは前回。

pompombass.hatenablog.com

 

太い音の出し方がどうとか、一音の説得力がどうのこうのって話の場合、テクニカルな演奏とは真逆なイメージをしてしまいがちかもしれません。

そういった先入観によって縦振動のタッチに興味が持てない人なども中にはいるんじゃないかと想像します。

 

しかし、徹底した効率化や自分のタッチへの関心を高める意味を考えれば「縦振動のタッチ=速く弾けなくなる」なんて繋げる必要は全く無いんじゃないかって印象。

むしろ、より理解が深まる事で速く弾ける様になる可能性もありますし、疲れなくなるんじゃないかとも思います。

と言うか実際、自分がそんな効果を強く感じるところでして、縦振動の研究を始めてからの方が自然に速く弾ける様になっているなと。

以前はテクニカルな仕様の楽器を好んでいましたが、そことは対極にある様な今の方が無理なくスムーズに弾け、尚且つ、比較にならないほど音は太くなったと実感しています。

 

また、縦振動のタッチでしっかり太い音を出せる様になると、右手のポジションによる音への影響が少なくなってくる印象。

つまり、ブリッジ寄りの位置で弾いても音が細くならない為、歯切れが良くアタックもある太い音を出す事が出来る様になります。

低音を無暗にブーストしたり、高域を無理に強調したりなんて必要も感じなくなってくるので、せっかくの速弾きも輪郭がボヤけて団子の様にしか聴こえなかったなんて事も無くなるかもしれません。

 

そして、弾くポジションによる音の違いが無くなってきたり、音量も粒も揃ってくると言う事は、2フィンガーにおいては勿論、3フィンガーなどに対しても非常に大きな効果を望めると感じるところ。

重要なのは力で弾こうなんて感覚ではなく、如何にスピードとタイミングを掴むかと言う事になってくるので、薬指にパワーが無いからと諦める必要も無い。

 

極端な話、小指で弾いても太い音を出す事は出来ますし、手の大きさや指の短さなどをコンプレックスに感じる必要も無いんじゃないかと。

実際に使うかスムーズに弾けるかはともかく、自分も小指で弾く事は出来ますし、縦振動を意識してそれなりに太い音を出せる自信もあります。

極めた人なら、太い音を鳴らす高速4フィンガーなんかを実現する事も可能になるのかもしれません。

 

テクニカルだったり速いプレイが求められる場合「とにかくこのフレーズを弾かなければならない!」という意識が強くなりすぎるあまり、どうしても出音の方を妥協してしまいがちになるのもよくある事だと思います。

豊かな音と技巧の両立は本当に難しいものですが、しかしベースの世界、まだまだどんどん進化していって良いのではないかと感じるところ。

「ギターには負けねぇ!」なんて対抗心を出したり、より派手だったり強力な音を求める事も珍しくないからこそ、そこでギター的手法や道具に頼るのではなく、ベースならではの存在感や強力なサウンドに目を向けてみるのも良いはず。

 

やっぱり太い音は単純に気持ち良いし格好良い、そしてテクニカルで凄い事が出来たらそれも気持ち良いし格好良い、無理に決別する必要も意味も無い様な気が自分はします。

だから本当、縦振動を限定的に考えなくても良いぞと声を大にして言いたい次第。

 

両方求めて何が悪いんだと。