ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチ 左手の重要性、腱鞘炎や怪我などについて考える

こちらは前回。

pompombass.hatenablog.com

 

良いタッチを身に付けようとした場合、ついつい右手の方にばかり気が行ってしまいそうですが、実は左手を鍛える事も同じぐらい重要な印象。

押弦が甘いとそれだけ弦がずれやすくブレやすくもなりますし、アタックやサスティーンにも確実に影響があるかと思います。

 

以前にも話しましたが、弦がたわんだり暴れたりしてフレットにぶつかれば、その瞬間に低音はミュートされてしまいますし、倍音構成もおかしくなるんじゃないかと感じます。

それを補う為にプリやコンプに頼ったところでまぁ、大抵はどうにもならない事がほとんどではないかと。

左手が辛いからと弦高を下げれば更に音は細くなるかもしれませんし、ダイナミクスがどんどん希薄になっていく可能性も高くなります。

更にブースター探しだの何だのと後付けを続けたとしても、恐らくはどうやっても解決の道が見えてこない様な気がします。

 

そうならない為にもやはり、右手だけでなく左手も鍛える事が凄く大切になってくるんじゃないかと痛感する次第。

 

自分自身がまさにそうだったと言いますか、弦高1mm以下じゃないと弾けない、フィンガーランプ必須、ライトゲージ大好き、プリでブーストもしまくりとか、そっちな感じの人間だった為、その弊害についてよく理解しているつもりです。

勿論、そういったシステムでも素晴らしい演奏をする人は世の中いますし、使い方がなってないだけと言うのも確かですが、しかしやはり、ちゃんとした基礎も身に付いてないのに道具頼りになるのは本当に怖い事だと思います。

出音の細さは勿論、腱鞘炎など怪我にも苦しみ悩み続けましたし、縦振動について研究する様になってからと言うもの、弾き方を丸ごと変えてしまった気すらします。

 

「人生変わりました!」みたいな胡散臭さ丸出しの話もしましたが、腱鞘炎とか笑えない怪我に悩まされる事が無くなったのを考えると、何も大袈裟な表現ではなく、その通りとしか言えないところかもしれません。

「練習のしすぎで腱鞘炎になっちまったよ!」なんてヘラヘラ自慢できる様な段階ならまだマシです。

拳が握れないとか茶碗も箸も持てないとか、そのレベルになると本当に笑えません。

そして恐らくは、更にもっと酷い状態になってしまった事がある人なんかもいるはずですし、怪我は絶対に甘く見ない方が良い。

 

ついでに言うと、その場に立つ事すら出来なくなる腰痛なんかも経験している為、楽器を弾く事によるダメージや歪みの蓄積って想像以上に不味いものだと認識した方が良いかもしれません。

あまりに筋肉が硬直したり体が歪むと、内臓や神経までおかしくなってきますし「この歳でここまで固まってるのは珍しい!酷い!」とベテランの整体師も呆れるぐらいの体になんて誰もなりたくないはず。

音が細いとかそんな話で済めばまだ良いですが、人生が終わってしまうレベルのダメージを抱えてしまう様だと、楽器そのものをやめなければならなくなる可能性もあります。

重度の肩こりや首のこりなどは、脳に対しても悪影響があるんじゃないかと想像しますし、頭痛に悩まされてる人なんかは本当に要注意ではないかと。

 

話を盛ってるとか年寄り臭い説教とか感じる人もいそうですが、痛みとかそういうシグナルは絶対そのままにしない方が良いと声を大にして言いたい次第。

実際に危険なダメージを経験してから気付くとか治すってのはおすすめしません。

ライブは勿論、ツアー中なんかでも大変な事になりますし、大事なイベントを抱えている程、しっかり健康管理しておかないと全てを失う事にも成り兼ねません。

 

左手の話からは脱線してしまった様ですが、一事が万事、痛みに対しては臆病なぐらいで良いと思いますし、太い音を出したいにせよ疲れない演奏方法を身に付けたいにせよ、右手は勿論、左手についても全身についても考えた方が良いかと思います。

 

もっと言うならば、歯軋りだの噛みしめについても考慮した方が良い印象。

これもホント、放っておくと自分みたいに大変な目に遭う事になるかもしれません。

今年の5月末に始まり、人生においてトップクラスの苦痛を与えてくれた歯の痛み、最近ようやく治療が終わりました。

日常生活や習慣をまず見直す必要性があるのは当然の事、演奏から来るダメージの蓄積もあったんじゃないかと色々考えています。

 

pompombass.hatenablog.com