ポングとベース

ベース楽しむ人生を

オーディオ=高級って認識も何か違う気がする

こちらは前回の話。

pompombass.hatenablog.com

 

業界の自業自得とも言えるのかもしれませんが、オーディオの世界の敷居が高い感じは自分も確かに苦手。

 

何十万ってレベルじゃまだぬるいとか、百万単位かけて当たり前とか、いきなりそういうのだけ見たら確かに、狂ってると認識してもおかしくないと思う次第。

そりゃ普通の感覚だったら逃げ出して当然って気がします。

 

ましてや、ケーブルにだけでもとんでもない金額をかけたり、訳の分からないアイテムが沢山あったり、やはりそういう世界には近寄りたくないものです。

ジャズとクラシックしか認めないみたいなオッサンの話もどうでもいいし、その手の雑誌なんかにも興味は湧かないかなと。

 

ただ、そんなのがオーディオの世界や常識と捉えるのも、ちょっと極端な話の気がするところ。

 

そもそも「オーディオ=金持ちの道楽=縁が無い世界」みたいな認識はおかしいと言いますか、いきなり高級外車でも手に入れるかの如く身構えたり大層な物を望まないでも、良い音で楽しむ方法や選択肢は存在しているはず。

ピュアオーディオの世界やらマニアからは嘲笑されそうですが、このご時世、PAシステムとかも安いのは本当に安く買えますし、モニターやアンプの中古品も幾らでもあったりと、再生システムを揃える敷居と言うのはむしろ下がってる様にも感じます。

 

確かに、住宅事情だけは何ともしがたいところではありますが、別に都内でなくとも練習スタジオなど普通にあるこの世の中、そこでCDを大音量でかけてみるなんてだけでも、意外と収穫はあるんじゃないかと。

再生システムによっては、演奏の質そのものが変わってしまうぐらいの差が本当に出てきたりもしますし、音楽との長い付き合いを考えれば良い音を知ってるに越した事はないし、良い物を持つに越した事もない印象。

 

少なくとも、自分が好きなアルバムやミュージシャンの音をヘッドホンでしか聴いた事がない、スピーカーをごく小さい音量で鳴らした音しか知らないなんてのは、あまりに寂しい話に感じます。

 

自分自身、「え!このアルバムこんなクオリティだったの!?この人こういう音出してたの!?」とシステムの違いによるあまりの差に驚愕する経験がよくあったりしますし、そういった環境から様々なヒントを得られる可能性だって十分に有るはず。