ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  JFDT-C スラップモードの魅力

「これぞJFDT!」と考えるかおまけと見るか誤解の元にもなりそうか、その印象は人それぞれになるかもしれませんが、とにかくこの音を実際に体験して驚かない人はいないんじゃないかと思います。 

 

低音がボワついたり高域が耳に痛い様な安易なドンシャリなんて代物ではなく、ベースとしては常識外れかもしれない超ワイドレンジなサウンドをスイッチ一つで得る事が出来ます。

とんでもなくハイが出ている様でも妙なピークを作らず非常に綺麗に再生される為、不思議と耳に痛くないのが凄いところ。

これを他のプリアンプやEQなどで真似しようとしても「シャー!」ってノイズに苦しむ事になるだけだと思いますし、2バンドで実現しようと言うのもほぼ不可能なんじゃないかと想像する次第。

また、ベースのフルブーストなんてのは大体は音がグズグズになって使い物にならなくなるものですが、スラップモード時はむしろそれを積極的にやりたくなるぐらいの気持ち良さがあると思います。

 

そんな名前の通りの派手な音とかスラップ専用装置みたいな印象を受けそうな気がするスラップモードですが、実のところはフラットな特性を得る為にあると言うのだからちょっと驚きなところ。

どんなにレンジが広くても所詮は中域に寄ってたりフルレンジとは程遠い特性になってしまうらしいマグネットPU、その山なりな波形を綺麗な波形に修正すると考えるとある意味ではアコースティックモードとも呼べるものなのかもしれません。

実際、ちゃんとしたシステムと楽器本体で鳴らした場合、ピエゾかと思う様な音を出す事も出来たり物凄く繊細なニュアンスを出す事も可能だったり、弦振動による生音や倍音がそのまま出てくる様な感覚すらあります。

 

しかしその一方でやはり、ピエゾには無いマグネットならではの力強さや分厚さを感じたり、思いっ切りバカスカ叩きたくなる様な衝動に駆られたりもするのが魅力的。

どんなにワイドレンジで綺麗な特性でも立ち上がりが悪かったり音が引っ込んでいたりお上品なだけでは面白くないものだと思いますし、スラップモードの名に恥じぬ圧巻なサウンドとレスポンスは実際体験しないと絶対に理解出来ないんじゃないかと。

特に自分のホンジュラスマホガニーブラッククラウドのフルチューンJJ仕様なんてのはこの世に一本しかない存在なはずなので「もうこれしかない!」って感じかもしれません。

 

と言いつつまぁ、実際のところはスラップモード全開で行く事なんてのはほぼ皆無だったりするんですが、新次元のサウンドを目指すなら間違いなくおすすめ。

巷の常識的なドンシャリサウンドなんてのが如何にレンジが狭くダイナミクスも大した事ないか一発で分かるんじゃないかと。