ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  JB-05はちゃんと5弦用

f:id:bakibakibass:20170725223440j:plain

多弦用PUの多くが高域特性が壊滅的だったり反応がとにかく薄かったり鈍かったり訳の分からない物が多くて困惑します。

これは楽器本体の設計が見た目優先だったり支離滅裂な物が多いせいもあるのだと思いますし、その弱さを誤魔化す為に太く聴こえさせようとする物が好まれるのだとも想像します。

楽器本体の特性やタッチを活かしてしまう様な物だと逆効果と言いますか、やたらとサイズが大きかったり出力も高いハムバッカーがよく使われている印象。

 

他にもフェンダー系の音を狙って巻数を真似しようとか構造をそのまま流用しようとする物などもあるかと思いますが、多弦用のサイズになっているのにそれそのまま馬鹿正直にコピーしてどうするのかと疑問になるところ。

当然の事ながらそれだけコイルは長くなるだろうし出力が上がったり変な癖も出てくるだろうし、音も何も確認せずそれで多弦におけるビンテージクローンが出来たと言われても正直失笑ものなんじゃなかろうかと。

4弦の方が気持ち良い音がするとか多弦は音がすっきり抜けてこないとかよくある話ですが、それは楽器本体の設計や鳴り方に問題があるだけではなくPUが酷いという事も非常に大きな問題だと感じる次第です。

 

ジラウドの5弦はちゃんと専用にPUが開発されているところが素晴らしいです。 4弦の安易な流用とか設計ではなくかなり大変なテストを経て実用化された事実がそのままクオリティとして出ている印象。

ビンテージに近い様だけどバランス良くローノイズで実用的、綺麗なだけでなく楽器らしく活き活きとした面白さもあるしパンチもある、不自然に加工せずとも気持ち良く自然に音が抜けてくる、5弦でそんな美味しい仕上がりになってる物ってちょっと無いんじゃないかと。

前述の様にただ単純にフェンダーコピーのノリで作りましたみたいな物では困ると言うか、もっとちゃんと音を聴いて試して出してくれよとツッコミを入れたくなるかもしれません。

 

5弦で癖の無いシングルコイルを求めると本当に選択肢が少ない印象ですし、また、アルニコとエナメル線で作られた物を求めると条件として更に厳しくなってくる気がする次第。

当たり前の様な存在なんだけど実は他に無いというなかなか凄いPUなのではないかと思いますし、評判が良さそうな他社製品を載せて終わりなんて事ではなくオリジナルに拘る姿勢も素晴らしいなと。