ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  3Dデザインボディ

f:id:bakibakibass:20170717003802j:plain

ジラウドならではの特徴と言えば、この3Dデザインのボディシェイプもそうではないかと。フラットトップの物と比較するとその違いは明らかだと思います。

複雑なカッタウェイが施されたオリジナルデザインは非常にユニークであり、様々なメリットも得られる印象。

一見は特殊なシェイプに見える様でも実のところ基本はJBのそれである為、ただ闇雲に見た目で主張する物とは異なり実用的でバランスも良いです。

 

エレクトリック楽器においてボディ鳴りは必要の無い要素であるとか、拘る意味など無いと考えている人も中にはいるかと思いますが、自分としてはオカルトで済ますのはあまりに無茶だと思うところ。

楽器本体において弦振動とPUのみが音を作る要素であると言うのならば、生音の段階で発生しているデッドポイントはどう説明するのか、仮に弦振動のみから音が作られるのだとしても、その弦振動に対しネックやボディは何の影響も与えるものではないと考えるのか、ただ弦だけが重要な問題なのだと本気で言うのか疑問な次第。

アルダーもアッシュもマホガニーも何も関係ない、ネックの作りも強度も指板の違いも関係ない、生音の大きさやボディ鳴りなど何の意味も持たない、そんな風に切り捨てようとする方が余程にオカルト的思考の様な気がします。

 

ジラウドは電気的な部分に注目が集まりがちな印象がありますが、そこだけではなくむしろ楽器の生音と鳴らし方にこそ拘っている様に感じるところ。

この3Dデザインのボディに関しても、より生音が大きく鳴り拡散する為の構造になっていると思いますし、弦だけがペチペチ鳴る様な物と比較するとその質が全く異なります。

ディープジョイントでハイポジションが弾き難いとよく言われそうなところですが、実際は必要なカッタウェイは施してありますし、体への当たりの良さや軽量化についても十分考えられていたり、そういったプレイヤーならではの感覚が求める実用性がしっかり考慮されているかと。

 

ブラッククラウドの構造と言うのは本当にそんなジラウドならではの要素の集大成ではないかと思いますし、生音の段階からとにかくタッチレスポンスとトータルバランスに拘る楽器というのは正直あまり存在していない印象。

贅沢な材と作りで拘っている様でも実際はPUとプリ任せで音は微妙ってのが世の中には多い気がする次第。

生音豊かで実用的なラージボディの楽器というのがどれ程あるものか、出力を欲張らないシングルコイルでEQに頼らずとも使える5弦がどれ程あるのか、他では味わえない本当に素晴らしいベースだと思います。