ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Black Cloud 5 Limited  真ん中の存在

f:id:bakibakibass:20170714122603j:plain

 

ブラッククラウド最大の特徴はセンターにはめ込まれたシャム柿材の存在。これが無いとJ-BASSと言うモデルになってしまう為、非常に重要なポイントではないかと。

とは言え3ピースのボディやスルーネックの物とは異なり、1ピースのボディに1cm程の厚みの板をはめ込んでいる構造の為、主材になるのはあくまでマホガニー(またはアッシュ)の方かもしれません。

この辺は記事下にある裏側の画像も見てもらうと分かりやすいはず。

J-BASSと言うジラウドオリジナルのベース、それを木工的に独特の発展をさせたのがこのブラックラウドになるんじゃないかと思います。

 

で、このシャム柿をはめ込む事によってどんな変化が起こるかと言うと、まず明らかにタッチレスポンスの向上に貢献している印象。

マホガニーの弱点を補う為とかそんな理由ではなく、更なる高速性を求めての仕様なんじゃないかと。

先日の話の通り、ホンマホ自体がそもそも異常なレスポンスを持っている印象な為、正直言ってやりすぎなぐらいの領域にまで来てる気もしたりして?

 

とは言えこのブラッククラウドならではの利点か、トップ全体にベタッと貼るのでもセンターブロックにする訳でもない為、ちゃんと豊かにボディ鳴りしてくれるのが素晴らしいところだと思います。

多重構造にしたり硬質な材を無闇に貼ると音もレスポンスもどんどんおかしくなったり重くもなってくるものですが、そういった物とは異なりベースらしい実用性とトータルバランスが非常によく考えられているのではないかと。

かなり大型に見えるボディと実際に太かったりするネックではありますが、中には5弦にもかかわらず3kg台に納まった個体などもあったそうな。

勿論、軽量で厳選された材を使用している事も大きいのでしょうが、何にせよ硬質な木材を組み合わせる事によって得られるメリットをほぼデメリット無しで実現出来る仕様と言えるのかもしれません。

 

また、高密度で重量のある材がボディに使用される為か、音の重心が下がる効果もある様子。ボトム豊かかつレスポンスは向上しているので弾いていて本当に気持ち良いです。

弾かなきゃ分からないと言うのも安易で月並みな言い様かもしれませんが、でもホント、この素晴らしさは実際に弾いた者でなければ分からないんじゃないかと。

見た目的に高級家具調ベースの類と同じ様な印象を与える可能性なんかもありそうですが、表面的なアピールばかり考えている様な物とは音に対する拘りの次元が異なる楽器だと思います。

 

色々な意味でとにかく贅沢!

f:id:bakibakibass:20170714122656j:plain