ポングとベース

ベース楽しむ人生を

4弦パッシブ・アンプ直の利点?

「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」

 

なんて台詞が某漫画にあったりするが、

今まで使ってきた弦代や電池代などを合わせるとどれ程のものになるのか、

真面目な話ちょっと笑えない事になるんじゃないかって気がする。

特に自分などは4弦歴が僅かでずっと多弦を使用している為、

正直言って弦の購入が憂鬱で仕方ないかもしれない。

交換の度に4千円前後が飛んでいくのかと思うと気が重かったりする。

外れなんか引いた日には一日中気が滅入ってる可能性もある。

 

電池に関しても18V駆動のプリなんかを使う人は大変だと思う。

それで消費電力も激しく長持ちしないと言うのでは心配も面倒も増えてしまう。

電池なんか拘る必要無いだろと思われそうだが意外と無視出来ない印象が強い。

音的な事もそうだが何よりトラブルが怖いので変な物は使わない方が良い。

最近までずっと使用していた某電池などは急激に信頼度が落ちたと言うか、

品質に疑問を感じる事が多くなったので他の物に乗り替えてしまった。

自分だけでなく他でもよろしくない評判を聞く様になったので使用を諦めた。

定番製品だっただけに残念で仕方ないし実際困った話だと思う。

安くなっててチャンス!と買いだめしておいたのも無駄になってしまった。

 

本当にこういう必需消耗品の問題って厄介な気がする次第。

拘るのも良いけどあまりにコストがかさむのも考えものな気がするし、

かと言って安物買いの銭失い状態になるのはもっといただけないし、

兎にも角にも品質が安定していて欲しいと思うところ。

先日のココ弦から他の弦に切り替えてみた時なんかも本当に笑えなかった。

あれも駄目だこれも駄目だと数万円が簡単に吹き飛んでいったのを思い出す。

これは良い感じかなと思っても数日弾いたらもう音が変わって駄目になったり、

そんな経緯があって結局はココ弦に落ち着く事になってしまった。

 

ベースの本数が多いと維持するのが更に大変な事になるし、

神経質に全ての面倒を見るなんてのはあまり現実的ではない様な気もする。

しっかり弦も交換して電池もまめに交換してあげてとか、

それでどれ程のコストがかかるのかと思うとこれもちょっと無視出来ない話。

長い目で見れば意外と恐ろしい事になっていくかもしれない。

色々使いこなしあれもこれもやりたいと思うのも良いけど、

どうしても資金面との闘いにもなってくると感じる。

 

ちょっと極論な様だけどそういう意味では4弦パッシブって良いと思う。

流石に弦交換だけはどうにもならないところではあるがそれでもまぁ、

そこまで新品弦の音に拘らないのであれば長持ちはするはず。

それが大好きでそれ一本で勝負も出来るならこんな良い選択肢もない気がする。

年間数千円で済む様な人と数万円どころかもっと上を行く金額になる人と、

長い目で考えるとやはり結構な差が生まれるんじゃないかと想像する。

 

それに加えエフェクター代やケーブル代なども合わせると面白いかもしれない。

10年で100万も差が出る様な話になってくる場合もあるとしたら、

これは本当に真面目に考える価値も出てくる様に思える。

それで物凄く良いベースを買える可能性も出てくる訳なのだから、

弦や電池や足元にそれを潰されてしまうのはつまらない話な気もしてくる。

勿論、どこに価値を見出すか満足感を得るかは人それぞれだが、

お金がかかるという現実を見る事も大切ではないかと感じるところ。