ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Richard Cocco ベース弦 ステンレス

もう10年以上は世話になっているであろう弦。

最近は以前と品質が変わった様な印象を受けたり、

ちょっと安定感が無くなってきた気もするのが残念なところだが、

それでもこの弦が自分に一番合っていると感じる次第。

指でもスラップでも何でもバランス良く扱いやすい。

もっと硬質な音や特化したキャラを求めるなら他にも色々あるのだが、

トータルで考えると結局はこの弦に戻ってきてしまう。

 

ステンレス弦ではあるが独特の弾力があると言うか、

硬質になりすぎず指で弾いても心地よいのが強みの一つだと感じる。

逆に物足りないと感じる人もいるかとは思うが、

倍音やアタックばかりが目立つのもベースとしては寂しい気がするので、

充実したボトムもちゃんと求めるならこの弦がやはり良く出来ている印象。

極端な話に聞こえるかもしれないがこの弦から他の弦にした場合、

低音がスカスカになるだけでなく音量まで落ちる事も普通にあったりする。

ボディ鳴りが弱い楽器ではそこまでの変化は起きない可能性もあるが、

試しに他の弦にしてみて数分で元に戻すなんて事も過去にはよくあった。

 

また、この弦の良いところはなかなかヘタらない事だと思う。

使いこんでいけば当然ながら倍音は減ってくるし音も曇ってくるが、

それが何故だか不快な感じではなく味わいのある変化を起こす印象。

弾力感が損なわれないと言うかボヨンボヨンにならないと言うか、

ある程度落ち着いてからが本領発揮の様な気もするところ。

新品時でも派手だったり耳に痛い様なアタックが出るキャラではないが、

馴染む程に全帯域バランス良く出てきてくれる感じが素晴らしい。

こういうステンレス弦は他にあまり存在していないと思う。

最初から死んだ様な音が出るコーティング弦の世話になる必要もない印象。

 

そして地味に重要な事だがそんな馬鹿みたく高い値段でないのも助かる話。

特に多弦においては死活問題にもなりかねないんじゃないかと。

現在では代理店のおかげで供給も安定している印象だし、

消耗品にスペシャルな物を求めるのも少し違う気がするので、

その点においてもこの弦は安心出来るところかもしれない。

と言いつつそんな超大手企業であるとは思えないので不安があるのも確かだが、

これだけ普通に流通していて購入も容易な物に怯えるのは神経質というものか。

先日のエフェクターの話とは少々矛盾する様ではあるが、

会社が存在する限りはこの弦を使っていきたいと思う次第。