ポングとベース

ベース楽しむ人生を

K&R Groove Comp

その必要性や有用性は分かるんですが、コンプって物がそんなに好きではない自分。

どうもその圧縮感とか音抜けが悪くなる感じが苦手だったり。

 

音色の変化もそうですが、何より、タッチレスポンスが悪くなる感覚がだめと言うか、通すだけで音が飛ばなくなるような遅くなるような、それが合わない気がするところ。

その独特の音圧感や安定感が醍醐味なのかもしれませんし、バンド内における定位感が良くなったり、上手くなじむ効果などもあるのだと思います。

しかし、それでもどうにも、苦手な印象が抜けなかったりします。

 

そんな中で唯一、使う気になったのがK&Rのグルーブコンプ。

 

コンプに詳しくない為、具体的にどう良いか問われても困るのも正直な話だけど、これについては弾いてて違和感がなくて良かった印象。

スタジオクオリティだのナチュラル系だの、そんな事が言われていてもその実、明らかに音が変わっていたり、レスポンスも悪くなる物が本当に多い。

 

そんな中、このコンプは非常にクオリティが高く、音もおかしくならず素直で気に入りました。

とは言え、味もそっけも全く無いのとは違う感じで、絶妙に艶が出るような美味しくなるような、その感覚が面白いなと。

 

すぐに歪んだり、ヘッドルームが小さくショボい物もよくありますが、グルコンはその辺のストレスがほとんど無くて好印象。

「超高出力でブーストもしまくり!」なんてセッティングでどうかは知りませんが、少なくとも自分が使っている限り、音がグシャグシャになって使い物にならなかったような記憶は全くありません。

 

ベースでガツン!と使っても腰砕けにならない物かどうか、歪むか歪まないか、コンプの判断材料としてかなり大きいように感じますし、ギターでちょろっと使うだけで判断してるようなレビューは当てにならないと思います。

そういう意味ではグルコンは楽器選ばず、余計な心配もなく使えるんじゃないかと。

 

そしてツマミが三つと操作も楽なのが非常に助かるところ。

セッティングするのが面倒臭そうだったり、見ただけで嫌になる物もある中、このシンプルさは本当に嬉しいポイントです。 

 

「え!ペダルにこの値段!?」とそれだけで興味が無くなる物も多かったり、試奏しようにも肝心の現物がなかなか無いなんて事もよくある話ですが、現実的で納得出来る価格かつ、販売形式が良心的なのもうれしい話。

通販なのに試奏が出来るなんてシステムはそうそう無いですし、逆に言えば、それだけ自信に溢れてる物なんだろうと納得もする次第。

 

どギツイ感じとか超個性的な効果を狙うなら、ちょっと拍子抜けする可能性もありますが、ベースで使って違和感がなかったり心地よい物を探すならこれって印象。

時かけっ放しでも問題ないと思いますし、ノイズも少なく非常に実用的なペダルではないかと。

ハンドメイドならではのエゴが強い物とか、ツマミも多くて凝りすぎてる物とか、そういうやつはちょっと苦手なんですが、これはニュートラルで素直で良い感じ。

 

「無くても良いようだけど有ると美味しい」そんな絶妙な存在かもしれません。

 

そこが破綻してる物はただのエフェクターであって、自分が欲しいコンプとはちょっと別物な気がします。

 

pompombass.hatenablog.com