ポングとベース

ベース楽しむ人生を

脱力は大事だけど疑問もある

無闇な根性論や独学自慢なども最近では随分と減ってきた気がするし、

脱力する事の重要性もよく語られているのではないかと思う。

縦振動のタッチの習得に挑むにも脱力が非常に大事な印象であり、

力任せに弾くのではとても辿り着けない領域がある様に感じる。

左手のフィンガリングにしても握力任せではすぐに限界が来るはず。

無駄な力を抜く事が如何に大切かと上達する程に意識していく事かもしれない。

 

しかし世にある脱力の話について疑問に思う事も個人的にはあったりする。

あまり理想論や机上の空論の様になるのもどうかと最近は思う次第。

すぐ指が痛くなるとか皮膚が安定してないとかスタミナが全然無いとか、

そういった問題を脱力の意識だけで何とかしようというのも難しい気がする。

勿論、無駄な消耗を抑えたり体への負担を減らす事には大きな意味があるが、

根本的に厳しいぐらい体が出来上がってないのでは話も噛み合ってこない様な。

「力は要らないよ。」と尋常でないレベルで鍛え上げてきた人が言ってるのと、

見るからに虚弱だったり実際にそんな人が頼りない音を出しているのでは、

その意味も説得力も全く違うものになってしまうんじゃないかと思う。

 

また、脱力しなければならないと言ってもストラップや立奏など、

その辺りの問題が抜け落ちてる様な話などにも強い違和感を覚える。

どんな軽い楽器だろうと無条件に肩に負担がかかる事は避けられないと思うし、

残念ながら肩だけでなく首や背中の方にも影響があるのではないかと想像する。

腹筋や足腰が弱っていたりすればその影響も当然あるだろうし、

そんな中でただ力を抜く事だけを意識しても問題は好転しない様な気がする。

重いベースや多弦などを使うなら尚更と言うか、

根本的な体力や筋力に余裕があるに越した事はないんじゃないかと。

 

そう言えばウッドとエレクトリックと両方弾ける某ミュージシャン、

その人が「最近はウッド弾いてる方が楽だ!」と語っていたのを思い出す。

弾けない人間からすればそんな馬鹿なと言いたくなるところなのだが、

ストラップを使うエレクトリックの方と違いウッドにはそれが必要ない為、

肩こりも無く体が窮屈に圧迫される事もなく自然で楽に弾けるなんて話だった。

長年やっていてもそうなのか長年やっているからこそそうなのか、

その感覚は本人にしか分からないものかもしれないが何にせよ、

ストラップを付けてるだけでも負担が増すのは間違いない事なんじゃないかと。

それも長時間の演奏が常であれば尚更なんじゃないかと思う。

 

ちょっと論点がズレてると言われればそれも確かにそうかもしれないが、

脱力脱力とそこだけを意識・強調するのもやはり考えものではないかと感じる。

また、例えば指の力を抜けと言ってもそれが指先だけから来る問題なのか、

手首や肘・肩など更には全身の力みから来てしまっているのかは分からない。

一部分だけを問題視したり解決しようとしても上手くはいかない気がするし、

ただ単に力を抜けと言っても困惑するだけになる事もよくあるかと想像する。

それこそ先日の歯の話ではないが無意識の内にでも異常な緊張を生んでいたり、

ストレスや病気に蝕まれている様な状態で本当に脱力出来るとは思えない。

そしてどんなに健康でありフォームも良く理想的な運指・運動をしたとしても、

前述の様にストラップを付けた時点で緊張や負担は生まれてしまう気がするし、

極論な様ではあるが真の脱力なんてものは存在しないんじゃないかとも思える。

 

海外の超一流プレイヤーの演奏を見てその力の抜け方に驚いたりもするが、

正直言ってその体格の差や根本的なパワーの違いというのも痛感するところ。

そりゃ変に力んだり無理する必要なんか無いよなと思わざるを得ない。

マッチョになれとかそういう話ではなく現実的な差を把握すべきかと思う次第。

163cmしかなく手も小さい自分が力を抜く事だけ意識しても恐らく厳しいなと。

只でさえフィジカル面が貧弱なのに更に脱力ばかり意識してたらどうなるのか、

非常に悔しいが残念な事になるのは明らかな気がする。

縦振動のタッチで言えば最初に必要な弦の押し込みすら満足に出来ないとか、

テンションに指が負けてしまっている様な状態ではそもそも厳しい印象。

あまりにパワーが無さすぎるのはやはり問題の様に感じる。

 

脱力と言うのをただ力を抜く事だけと捉えるか効率的な運動の事を指すのか、

その辺のイメージの差や定義付けはなかなか難しいところかもしれない。

初心者がいきなり良い音を出してしまったなんて話も中にはあるが、

それそのまま成長出来るとは限らないし実戦的に使えるかも分からない。

とりあえずいきなり達人の領域に到達出来る様な事は無いと思うし、

正直言って楽器演奏というのは想像以上に過酷なものなんじゃないって印象。

天才だろうと何だろうと安定したコンディションを維持出来るとは限らないし、

どんな成長速度であれレベルであれ上達に時間が必要な事に変わりはないはず。

 

特にベース弦は太いし楽にチョーキング出来る様な張りでもないし、

軽く撫でるぐらいのタッチや擦る様なピッキングでは良い音が出てくれない。

脱力して効率の良い運動をするのが大事なのは言うまでもないけれど、

楽器に負けない体を作る事も非常に重要ではないかと感じる次第。

散々過酷なバッキングを要求された後に全力のベースソロまで求められたり、

そういう状況はなかなか笑えないものだが珍しい事でもない気もする。

一切の無駄や力みを排除した漫画的達人スタイルを目指すのも面白いが、

現実的には地道に鍛え上げていく方が確実で実戦的かと思うし、

余裕と自信を身に付けるからこそ脱力も出来る様になるのかもしれない。