ポングとベース

ベース楽しむ人生を

アンプの入力とかアクティブとかパッシブとか

楽器用アンプなどの機器には入力がハイとローとあったりもするが、

これがインピーダンスの事を指しているのかゲインの事を指しているのか、

実はよく分からない場合が多いんじゃないかって気がするところ。

例えばジラウドのJFDT-HAなどにもハイとローの切り替えスイッチがあるが、

これは入力インピ-ダンスを3.2MΩか100kΩかに変更する物で分かりやすい。

もっと言えばゲインの切り替えスイッチは別として他に存在している為、

入力におけるハイとローの意味はインピーダンス処理の為にあるのだと分かる。

ローの方にしてパッシブ楽器を繋ぐとアンマッチングを起こす事になる。

 

しかしゲインの問題でハイとローと別れている物も多い様な印象で困る。

ハイの方にアクティブを繋ぐと歪みやすかったり音が大きくなりすぎたり、

そこに注意する為に分けているのだとしたら話がちょっと変になる気もする。

どちらを選んでもそもそもの入力インピーダンスが低かったらどうするのか?

先日の実験の様にバッファでも間に噛まさないとパッシブでは酷い事になる。

完全にアンマッチングを起こしてしまっている様な状態では確実に音は痩せる。

パッシブ最高!アンプ直!なんて拘りや言葉も虚しく響くだけかもしれない。

 

また、パッシブかアクティブかと入力が別れている物なんかも見かけるが、

一見は分かりやすい様でも実は気を付けなければいけない物もあった印象。

あるアンプはパッシブと書いてある入力の方に何か妙な違和感があると言うか、

ローとハイを強調したエンハンサーの様な物でもかけてるのかと疑惑を持った。

両者で音が異なっている印象が強くパッシブ入力の方は明らかに不自然だった。

パッシブでも迫力や音抜けを演出しようとする為なのかは知らないが、

とりあえずインピーダンスの処理を考えている物ではなさそうな気がする。

単純にゲインが違うだけだとしてもそんな異常な差があるのはどうなのかと。

何にせよこれではパッシブとアクティブの解釈も無茶苦茶な様に感じるし、

音量とか音質の問題でそこを分けるのかとツッコミを入れたくなった次第。

 

そもそも楽器本体がパッシブでもペダルを通していた場合はどう考えるのか?

足元でかなりのゲインブーストをしていてもパッシブ入力の方に入れるのか、

ローインピーダンス出力にしているのにパッシブだからとハイ入力を選ぶのか、

弾き手も作り手もどこまで考えているのか実はよく分からない様な気がする。

「音作りは理屈じゃない!」と言うのは簡単だがまぁ現実問題、

非常にシンプルな理屈で音が痩せまくっているとしたらそれは考え物だと思う。

アンプ作りにおいても理屈も何もなく設計されたりしたら困るのではないかと。

ベース用と言いながら本当にベースの事を考えて作っているのだろうか、

ちゃんとベース弾ける人の話を聞いてるのだろうかと疑問になる物が多い印象。

もしくは考えすぎたり聞きすぎて変な結果になってしまったのだとしたら、

無闇に機能を詰め込んだりせず自信を持ってシンプルに作れば良い様な気が。

 

楽器本体にしてもアクティブになっているから安心かと言うとそうでもないし、

インピーダンスの処理がおかしな事になっている場合もあるかもしれない。

バッファと言って売ってるのに出力がローインピーダンスになってなかったり、

何故かやたらと出力インピーダンスが高い歪みエフェクターなんかもあったり、

本当に安定して良いサウンドを出したいのなら色々気を付けた方が良いと思う。

パッシブは酷い時は酷いのが正直で良いみたいな話なんかもあったりするが、

インピーダンスのアンマッチングを起こしてればそりゃそうだろって気がする。

本来の信号とは程遠い状況になっているのに誤魔化しが無いとか、

正直言って自分にはよく分からない話に思えてならない。

タッチが自慢であるならば尚更それを正直に出すシステムにした方が良い様な。

  

インピーダンスの問題には本当に注意が必要と言うか、

ちょっと気を付けたり処理を考えるだけでも音が変わる可能性は十分あるはず。

アクティブorパッシブ論争みたいなのも今では減りつつある気もするが、

それでもまだまだ固定観念や先入観を強く持っている人も多いかと想像する。

本当にいつまでこんな事を続けるのかアンプも時代遅れなのかと疲れるので、

ちゃんとした物がもっと出てきたり注目されて欲しいなと思う次第。

劣化しまくってるのにパッシブはピュアとか本当の音と言うのはうんざりだし、

いい加減な回路を積んでいてアクティブは不自然とか誤魔化しが嫌いとか、

それをローファイで酷い特性のベーアンを使って議論するのは滑稽に思える。

 

誤解や反論を承知で言えばある意味では別にベーアンなど無くても良い訳だし、

前時代的でいい加減なアンプなどもっと淘汰されてもいい様にすら感じる。

通すだけで音が勝手に作り変えられてしまうとか好みじゃなくなるとか、

そんな物はもはや只のエフェクターなんじゃないかと言いたいところ。

アンプ直やパッシブに拘ってもDIを通すならその時点で破綻してる気もするし、

パッシブ/アクティブ論などに熱くなる前に他に考えるべき事がある様に思う。

定番のアンプだの回路だのが居座ってる状況は個人的にはもう勘弁願いたい。