読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Accelerator Active Balancer バッファアンプ

今時バッファの話なんて珍しくも何ともないかもしれないが、

その重要性を考えるともっとちゃんと注目されても良い様な気がするところ。

バッファに対し独自の味付けや音作りを求めるのは目的が違うかなと思う。

ハイインピーダンスの信号をローインピーダンスに変換して出力する、

個人的にはそれが一番大事なんじゃないかと感じる次第。

特に大袈裟な機能や効果などはとりあえず求めてないかもしれない。

 

実際にあった酷い物の中にはバッファと言っているのにもかかわらず、

大してローインピーダンス出力になってないという驚きな物も存在した。

ブースターとしても使えるとか多機能が売りだった様だが、

肝心の目的を果たしてくれないのではどうにもならない。

他にも通しただけで音がなまった感じになったりコンプ感が出てしまったり、

そういった物も多く存在しているんじゃないかと思う。

本当にシンプルで単純な物で良いのに何故に話がこじれるのかと不思議になる。

 

そんな気を付けた方が良いと思われるバッファーの世界、

自分が所有しているほぼ全てのジラウドベースには同社の物を内蔵させている。

この『アクセラレータ』と言うバッファが実に素晴らしいと思う。

ボリュームもトーンも何も付いておらず本当にシンプルの極みに感じる。

あまりに小型に作れる為かストラップに装着出来るタイプまで出てたりする。

楽器の改造に抵抗がある人でも短距離でインピーダンス変換が可能になるはず。

またこのバッファを二基搭載したバランサーも素晴らしいし理に適ってる印象。

PUからの信号を劣化なくそのまま出力したいのであれば、

出来るだけ短距離でローインピーダンスに変換した方が良い。

それを可能にする高性能なバランサーがちゃんとあるのだから実にありがたい。

酷いバランサーはそれを通すだけで音が痩せたりと勘弁して欲しい。

 

また、以前にも話したがこのバッファを利用したネオパッシブもこれまた良い。

パッシブに対し意固地で変な執着なども無いなら理想的な仕様になると思う。

ハイインピーダンスのまま何も考慮せずに出力すると悲惨な事にもなりえる。

アンプ側とアンマッチングを起こした場合の音痩せの酷さと言ったらない。

何度も言っている様だが盲目的にパッシブは純粋と信じ込むのは賛同出来ない。

高性能なアンプを常に使用するのなら分かる話にもなるが、

音痩せしてるのをEQで無理矢理に補正したりアンプに濃いキャラを求めたり、

そんな状態だったらそれのどこがピュアでナチュラルなのかと言いたい。

 

アクセラレータをPU間近で通して超高速サウンドを目指すも良し、

ワンクッション入れたり渋くネオパッシブとして使うも良し、

改造したくないのであれば外付けで使用するのも良し、

好みに応じて仕様を自由に選べるのが美味しいポイントだと思う。

渋い路線で行くにしても適正にインピーダンスが処理されていれば、

その後に加工するのも非常に楽になるしエフェクターなども扱いやすくなる。

パッシブトーンが活きている仕様ならそのまま甘いサウンドを作る事も簡単。

また、甘い音と言ってもただ痩せてこもってるのとは異なる為、

ちゃんと使えるサウンドとして実用する事が可能になるはず。

派手なスラップサウンドでも渋く甘い音でも簡単に切り替える事が可能になる。

 

そんな訳で今回はちょっとした実験動画でも一つ。

PUからジャックに直結したパッシブJBで間にジラウドのペダルを通してみた。

歪みエフェクターなので純粋なバッファとはちょっと違うかもしれないが、

それでもアクセラレータの効果は何となく伝わるんじゃないかと思う。

アンプ側は入力インピーダンスが100kΩとかなり低めな状態の為、

パッシブ楽器でハイインピーダンスのまま出力すると特に高域は壊滅的になる。

動画では生音が混ざってるので意外とそれなりにも聴こえるかもしれないが、

実際はかなり音が曇ってしまっていて出音は酷い事になっている。

比較すると後半はドンシャリでバッファの癖が酷いと思われる可能性もあるが、

これはPUの特性がそのまま出ているだけだと考えて欲しい次第。

このバッファの登場で当のジラウドですらPUの見直しが必要になったらしい。

ある意味ではそれぐらい正直にそのまま再生される残酷な物な気もするところ。

 

また、今回は低弦高でバズも気にせずタッチもあえて粗めに弾いている。

それが正直に再生されてるのはどちらなのか比較するのも面白いかもしれない。

www.youtube.com