ポングとベース

ベース楽しむ人生を

動画集め(1) Anthony Jacksonとボリュームペダル

ボリュームペダルによるバイオリン奏法は誰でもやるか考えるかもしれないが、

アンソニー・ジャクソンの域まで鍛え上げるともはや芸術な気がする。

低い音や単音を伸ばしてそれらしく演出するのはある意味簡単だが、

かなり細かいパッセージでもアタックを消して弾ききるのは容易ではない。

6弦で28フレットというのもあるがもはやベースのそれを超えてる表現が見事。

これも一つのタッチコントロールと言うか、

エレクトリックベースに対する理解力の凄まじさを感じる次第。

知らない人は一聴の価値ありかと。

www.youtube.com

 www.youtube.com

 

ちなみにアンソニーではないがメルヴィン・デイビスのバイオリン奏法も見事。

彼の場合は7弦ベースで30フレットと更に音域が広がるところも凄い。

音楽的であり観客を楽しませるユーモアも素晴らしい。

www.youtube.com