ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとパッシブ

「パッシブこそが真の音!」みたいな妄信どうでもいいと以前から話してきましたが、一方、それでタッチを鍛えることで結果が出るのも、実は確かなんじゃないかと思ってたり。

 

実際、自分も純パッシブのOPBでさんざん練習をしてきました。

正直、先日も話したような酷いアクティブベースなんかを使うぐらいだったら、シンプルで迷いも生まれない普通のパッシブベースの方が良い印象。

 

パッシブであれこれと変な木材を使おうとしたって、結果は悲惨かもしれません。

過剰に弾きやすさを追求しようとしても、それだけ音も痩せる可能性が高いです。

それをごまかす為に、クセの強いPUや高出力な物を求めるのも微妙に感じるし、電気的なパワーを得ようと四苦八苦するのでは、パッシブにこだわる意味もないような?

 

「パッシブにこだわる」ということは、「タッチにこだわる」ってことなんじゃないと思う次第。

 

木材による音色の違いについてよく語られていますが、疑問になる事も本当に多い印象。

しかも、タッチレスポンスに関して語られることは、あまり無いような気がします。

 

異なる材を組み合わせたり、そうすることによって輪郭やアタックがどうのと、よく言われていたりもしますが、正直、それとタッチレスポンスについての感覚が同様の話になるのかどうか、かなり微妙に思えたり?

 

見ため重視なだけで実はスカスカな木材など、そういった物をトップに貼ることなどもよくありますが、音的に考えた場合、とても正解に繋がっているとは思えません。

特に、高級なベースの世界になると、おかしな材が用いられる事が多いと言いますか、ラミネートを駆使したり、複雑な加工をする物がよくあるように感じます。

そして皮肉にも、そういった木工技術を駆使した物になればなるほど、逆に、ボディ鳴りについては自信がなくなっているような、電気的な力に頼ろうとするような、個人的にはそんな印象を受けます。

 

「パッシブであることは勿論、シンプルで素直なPUで良い音を出す!」

 

木工が自慢の多弦やハイエンド系でそういった楽器は、ほとんど見ない気がするような?

 

大体の場合、高出力で高域特性の悪そうなPUや大きなハムバッカーにしたり、ツマミの数も多かったり、選択肢が豊富そうなプリを搭載したり、後づけで何とかしようとしてないかと疑問になる物は絶対に多いです。

ハイポジションが弾きやすいようにと、過剰なまでに削られたジョイントなどもそうですが、ボディ鳴りのことなんかまったく考えてない印象がどうにも強い。

 

そして、そういった楽器のタッチレスポンスの悪さには、本当に閉口するところ。

良いタッチが身についてくれば、ボディ鳴りの感覚が分かってくるし、そのレスポンスや鳴り方の傾向もつかめるようになってきます。

という事は、あまりに反応が悪かったり、出音もひどい物が存在することも確認できようにもなってくるから、ある意味では怖い話でもあるかも?

 

世の中、弾いた瞬間にその異常な鈍重さが分かるような物もあったりするから困惑。

安物でネックから何から全てがひどいならともかく、かなり高級な物にもかかわらず、そんな物が存在してたりするのだから恐ろしい。

 

と言うか前述のように、ハイエンドな物にこそ、逆に注意した方が良い印象があります。

接着剤が問題なのか、異なる材の組み合わせが裏目に出るのか、それで干渉でも起こるのか、変に凝った物になるほど、安物にすら劣ってしまう可能性が出てくるかもしれません。

 

「プレイヤーのタッチほど不確定な要素もない」と考えた場合、とにかくボディは鳴らさず、PUとプリで音をつくる方向性も、それはそれで合っているのかもしれません。

 

タッチレスポンスが遅いほうが個性は出づらく、音も均一になることは考えられます。

良質な木材の調達に四苦八苦したり、品質も安定しないのであれば、ラミネート加工など木工技術を駆使した方が、品質は確かに管理しやすくなる気がします。

本当に凄まじいノウハウがあるならば、自在に良いものが作れるのかもしれません。

ダイナミクスが大きく変動することも良しとはしないだろうし、タッチにしても、軽く弾く程度のほうが望ましいんじゃないかと思います。

 

ただまぁ、個人的にはそういった方向は勘弁かなと。

あまりに寂しい話のような・・・

 

「タッチによる変化など必要ない!」というのも一つの正解なのかもしれないけれど、ベースが好きなのであればやはり、縦振動による音をまずは体験してみて欲しい次第。

 

縦振動でなくとも、「弾き方でこんなに音が変わるの!?」と経験してみるのは面白いことではないかと。

そういう楽器や弾き方が存在することを知らずにいるのはもったいないし、単純に損な気がします。

 

今までの認識や価値観が一変する可能性だってありますし、自分の楽器に自信があるようでも実は疑問を持っていたり、不満や違和感があったり、そういう感覚って意外と正しい可能性があるかもしれませんよ。

 

そこを「高価な楽器なんだから悪いはずがない!」とか「下手な俺がぜんぶ悪いんだ・・」とか、変にごまかしたり自虐的になってしまうのも危険なんじゃないかと。

上品で良い音なんだけど音が全然前に出てこないとか、アタックが弱いとか、そうやって苦労している例なんかも、いっぱいあるんじゃないかと思います。

 

逆に、「安物だから・・」と諦めるのであれば、良いものにちゃんと触れておくべきだし、そうやって楽器をちゃんと選ぶことにより、驚くほど上達のスピードが変わることも十分に考えられます。

 

そのへん、なんだかんだ、パッシブベースは面白いんじゃないかと思う次第。

 

「このベースぜんぜん良い音しないな・・駄目だこれ・・・」と失望してたものの、他の人が弾いたらびっくりするほど良い音が出たり、完全な別物に変貌したり、そんな悔しい体験をしたことがある人も結構いるはず。

インピーダンスのアンマッチングを起こしていようがいまいが、理屈を超越してとんでもないグルーブを出す人はいますし、そうやって自分のタッチや感覚を叩き上げいくのも良いかもしれません。

 

自分の恩師の一人は本当にそんな感じだったので、相当、びびらされました。

別に高級でも何でもない普通のフェンダージャズベ、それで恐ろしく太い音を出し、強烈なグルーブを叩き出す姿は、本当に驚異的に映ったものです。

縦振動とはまた違うのかもしれませんが、強力なタッチである事に間違いはないはず。

 

しかも、それを自分よりも更に小柄かという体格でやってるのだから、困ってしまう話。

弦高も異常に高かったし、とても真似できないと今でも思います。 

ああやってパッシブにこだわって凄いことやってる人は本当に格好いい。

鍛え上げられたタッチによる問答無用のグルーブとオリジナリティ、あの素晴らしさと言ったらないです。

 

まぁ、それはちょっと極端な例かもしれませんが、パッシブでも十分に良い音が出る、出せるってのは重要なことなんじゃないかと。

タッチにしても、楽器本体にしても、それが基本なのかなと思います。

特に、ベースの低音やグルーブにこだわりたい人は、無視できない要素のはず。

 

ちょっと古臭い感じの根性論や気合に触れてみるつもりでもいいし、合理的判断からパッシブベースに触れてみるのでも何でも良い気がします。

アクティブばかりに慣れてないで、一度はパッシブで行ってみるのも面白いんじゃないかと。

 

それこそ、縦振動に興味があるなら、OPBに触れてみる事をぜひおすすめします。

あれで文句なしの太い音とグルーブが出せたら、もう、怖いものなしかもしれません。