読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとエージング

以前からボディ鳴りやエージングについて話してきたが、

縦振動とも大いに関係があるんじゃないかと思う。

前の縦振動のタッチと生音の話を考えると分かりやすいかもしれない。

それだけボディに振動が伝わりやすいと言うか縦振動は生音からして変わる。

弾き込む事で何故ボディ鳴りしやすくなるのかは正直分からないが、

僅かにしか振動しない様なタッチと積極的に鳴らそうとするタッチとではまぁ、

その結果に違いが生まれたとしても何の不思議もないんじゃないかと。

少なくとも前者に大きな変化は望むのは難しい気がする。

良い木材が大事だったり真空管が現役だったりする酷くアナログな世界、

楽器なんかに変化が起こるがはずないと考える方が自分には嘘臭く思える。

 

タッチレスポンスについても弾き込まれた物とそうでない物とで印象は異なる。

元々の設計と使用材から来る速さの違いについては何とも言えないところだが、

よく弾き込まれボディが鳴っている楽器は理屈抜きに良いと感じる。

アッシュはドンシャリだから駄目とかバンドじゃ弱いとか、

そんな決めつけに疑問を持つようにもなると思うし安易に信じる必要もない。

弾き込む事で不思議と鳴り方に統一感と言うか一体感が生まれてくると言うか、

下から上まで音が気持ちよく前に出てくる楽器は弾いていて楽しい。

特に低い帯域がしっかりと鳴り立ち上がりも良くなってくると圧巻。

新品と弾き込まれた物とではここまでの差があるのかと驚く事間違いなし。

 

そしてそれをより強く実感する意味でも縦振動のタッチは絶対に効果的。

良いタッチが身に着けばそれだけボディは鳴るし音も変わってくるはず。

それを体験すればエレキに生音なんか関係ないとは言えなくなると思う。

百歩譲って生音が関係ないとしても弦振動まで無視するのは不可能な訳であり、

結局はタッチコントロールが重要である事に何の間違いもないんじゃないかと。

「生音も弦振動もエレキには無関係!ボディも不要!ネックも何でもいい!」

もしもそんな主張があるのだとしたら我々は一体何を弾いてるのかと問いたい。

PUなんて高性能で先進的な機器でも何でもないしむしろ究極にアナログだ。

それとアンプ次第で何でもどうにでもなるなんてのはそれこそ幻想だろうと。

 

縦振動によって得られる恩恵は非常に多く存在している実感があるし、

エージングに関してもその醍醐味の一つなのではないかと思う。 

まぁ縦振動でなければ絶対に変化は起こらないなんてものではないし、

結局は以前にも言った通りどれだけ演奏時間が長いかって事になりそうだが、

一つの要素として効率が良くなるのは間違いないんじゃないかと感じる。

完成から10年経ってようが何だろうがエージングを感じない個体もあるし、

感覚的で曖昧な話だが持った瞬間に弾かれてないのが分かる様な物もある。

逆に一見は同じか普通な様でも化け物の如く育ってる個体なんかもあったりと、

楽器は本当に奥が深くちゃんと弾いて長く付き合ってこそかと思わされる次第。

「絶対に一本で行く!」なんて固い決意を持てとまではいかずとも、

自分の基礎となる様な象徴となる様なそんな一本を持ってる事は悪くないはず。

 

タッチにしても楽器の方の音色や特性に大きく左右されてしまうのでは、

なかなか思った様な理想に辿り着く事は出来ないのかもしれない。

何を弾いても不思議と同じ様な音になったりその人と分かったり、

そこにはやはりタッチが大きく関係している可能性もあると思う。

その人ならではの音使いやグルーブなど様々な要因があるのだろうが、

そう易々と環境になど左右されない強力なタッチを持っているとすれば、

どんな状況であろうと自分の個性を出す事が可能になるんじゃないかと。 

そしてそれは簡単には真似出来ない強力な武器になるはず。

 

パッシブだと良い音が出せないとかブーストしないとスカスカになるとか、

そんな自分が嫌になったりしてる人がいたらタッチの研究は絶対におすすめ。

弾けば弾くほど上手くなるし楽器もそれだけ鳴る様になるし、

あれこれと買い替えたり悩む必要も無くなってくるかもしれない。

絶対の愛機になるまで弾き込み育てられれば目移りしなくなってくると思う。

見せかけだけでタッチレスポンスの遅い物に憧れる様な事も無くなるはず。

普通のJBにしか見えない物でハイエンドを完膚なきまでにブッ飛ばす、

嘘でも大袈裟でもなくそんな事も可能になるんじゃないかと。