ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとPUの磁界

縦振動が重要になるのはPUの特性による面も大きい印象。

 

フェンダー系のベースで言えば、JBとPBとではやはり反応が異なるかなと。

構造的な問題か、PBタイプの方が磁界が広く、タッチには寛容かもしれません。

 

その逆の極端な例では、OPBに搭載されているようなPUはタッチに対し本当にシビア。

各弦に対しポールピースが1個しかなく、しかも全体のサイズも小さい為、磁界がかなり限定的であり、良い音が出てくれるポイントが非常に狭い。

OPBで満足な音を得ようと思ったら、縦振動で確実に弾かないとキツイです。

 

で、まぁ、縦振動を知らない人は、「いくら何でもそこまでの差が生まれるわけがない!」と思うかもしれませんが、ジラウドの福田さんが弾く音に絶望的な差を叩きつけられる衝撃と言ったらないですよ。

 

正直、ネットにある動画を見てもそこまで大して伝わらないと思う為、一度はジラウドに行き、実際に体験することをおすすめします。

胡散くさいだの宗教くさいだの、そうやってぐだぐだ言ってるような人は、高確率で実物を知らないか、好奇心・探求心・向上心も何も持ってないかのどちらかでしょう。

 

縦振動を分かりやすく具体的に知りたいのであれば、何はともあれOPBです。

大袈裟ではなく、自分はあれを弾いた体験から、フォームもタッチも作りなおす事を決めました。

ある意味、ジラウドのOPBは自分の師匠みたいな物って気もします。

 

一方、PUによっては、振動方向に対し反応が希薄な物もあるのが現実。

ラージポールピースだったりバーボールピースだったり、使用している材料がアルニコではなかったりエナメル線ではなかったり、色々選択肢がある世の中。

そんな、昔ながらのフェンダー的な物と対極にありそうな物は、振動方向に対して寛容になる傾向が強くなる印象。

 

「あのPU良いんだけど誰が弾いてもどう弾いても同じような音するのが・・・」なんてことがよく言われているであろう物なんかも存在しますが、その理由に磁界の問題が大きく絡んでいる可能性もあると思います。

 

それが良いか悪いかは好みやスタイルによりますし、どちらが優れていると簡単には判断も出来ませんが、少なくとも、タッチコントロールをより分かりやすく実感し練習したいのであれば、やはり、シンプルなJBやそれこそOPBを弾いてみると良いんじゃないかと。

 

弾く人によって、音の太さやニュアンスが面白いぐらい変化します。 

 

それにしてもまぁ、PUには非常に多くの製品が存在していると思います。

シングルかハムかだけでも話は大きく変わってくるかもしれませんし、「ストラトを使いこなせれば一人前!」みたいなギタリストの話も納得出来るところ。

前述のように、磁界が狭くシビアになるほど、確実にポイントを把握する必要があるなと。

 

アルニコ+エナメル線で出力も控えめなシングルコイル、そんな組み合わせのPUで良い音を出すには相当な力量を要求されそうです。

 

ベースにしても、パッシブでしかもリアPUオンリーで太い音を得ようとするのは、本当に大変。

縦振動のタッチを意識しているかどうかで出音は大きく変わってくるかと思いますし、意識せずとも、難しい楽器を普段から弾いていれば、タッチは絶対良くなっていくはず。

そして、そうやって鍛えていけば、自分だけの音が自らの手で作れるようになるのではないかと。

 

そんなこんな、今回も簡単な動画を一つ。

使ったのは簡易ネオパッシブのフレットレスJBのリアPUのみ。

 

軽く弾くだけのタッチと、弦を少し押しこむ事を意識したタッチとで弾いてみました。

大きく違ってはいないかもしれませんが、ちょっとした意識とその差で音質も音量も変わります。

動画ではなく実際のところは、印象が相当異なっていると思います。

 

シンプルなシングルコイルはこういったコントロールが本当に面白い。

楽器の演奏というのは、そういう積み重ねや変化が大事なのではないかと感じます。

 

 ※低音がちゃんと出るヘッドホンなどを推奨。

www.youtube.com