読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

縦振動のタッチとPUの磁界

縦振動が重要になるのはPUの特性による面も大きい。

フェンダー系のベースで言えばJBとPBとではやはり反応が異なる

PBタイプの方が磁界が広く振動方向・タッチに対しては寛容かもしれない。

極端な例で言えばOPBに搭載されている様なPUはタッチに対し本当にシビア。

各弦に対しポールピースが1個しかなくしかも全体のサイズも小さい。

磁界がかなり限定的と言うか良い音が出てくれるポイントが非常に狭い為、

OPBで満足な音を得ようと思ったら縦振動で確実に弾かねばならない。

 

いくら何でもそこまでの差が生まれる訳がないと思うところかもしれないが、

ジラウドの福田氏が弾く音に絶望的な差を叩き付けられる衝撃と言ったらない。

ネットにある動画を見ても正直そこまで大して伝わらないと思う為、

是非一度はジラウドに行き実際に体験する事をおすすめする。

縦振動を分かりやすく具体的に知りたいのであれば何はともあれOPBである。

大袈裟ではなく自分は本当にその体験からフォームもタッチも作り直した。

ある意味ではジラウドのOPBは自分の師匠みたいなものの様な気もする。

 

しかしPUによっては振動方向に対し反応が希薄な物もあったりする。

ラージポールピースだったりバーボールピースだったり、

使用している材料がアルニコではなかったりエナメル線ではなかったり、

昔ながらのフェンダー的な物と対極にありそうな物はその傾向が強くなる印象。

「あのPU良いんだけど誰が弾いてもどう弾いても同じ様な音するのが・・」

そんな事がよく言われているであろう物なんかも存在するが、

その理由に磁界の問題が大きく絡んでいる可能性もあると思う。

それが良いか悪いかは好みやスタイルによるし簡単には判断出来ないが、

タッチコントロールをより分かりやすく実感し練習したいのであればやはり、

シンプルなJBやそれこそOPBを弾いてみると良い気がする。

人によって音の太さやニュアンスが面白いぐらい変化する様に感じる。 

 

それにしてもまぁPUには非常に多くの製品が存在していると思う。

シングルかハムかだけでも話は大きく変わってくるかもしれないし、

ストラトを使いこなせれば一人前!」みたいなギタリストの話も納得出来る。

前述の様に磁界が狭くシビアになる程に確実にポイントを把握する必要がある。

アルニコ+エナメル線で出力も控え目なシングルコイル、

そんな組み合わせのPUで良い音を出すには相当な力量を要求されそうだ。

ベースにしてもリアPUオンリーでパッシブで太い音を得ようとするのは大変。

縦振動のタッチを意識しているかどうかで出音は大きく変わってると思うし、

意識せずとも難しい楽器を普段から弾いていればタッチは良くなっていくはず。

そうやって鍛えていけば自分だけの音が手で作れる様になるのではないかと。

 

そんなこんな今回も簡単な動画を一つ。

使ったのは簡易ネオパッシブのフレットレスJBのリアPUのみ。

軽く弾くだけのタッチと弦を少し押し込む事を意識したタッチとで弾いてみた。

大きく違ってはいないかもしれないがちょっとした差で音質も音量も変わるし、

この動画では伝わり難いが実際のところは相当印象が異なっていると思う。

シンプルなシングルコイルはこういったコントロールが本当に面白い。

楽器の演奏というのはそういう積み重ねや変化が大事なのではないかと感じる。

 

 ※低音がちゃんと出るヘッドホンなどを推奨。

www.youtube.com