ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ライブ前の食事

先日、Roman so Wordsと言うユニットのサポートでライブをした。

かなり速いテンポの曲が多く展開も複雑でアコースティックな曲までやる為、

とにかく体力が必要なのと音を大事にコントロールする集中力も必要になる。

速度的に3フィンガーも駆使する必要があったので切り替えもなかなかきつい。

メタル系と言うかそういった音楽をバンドでやる機会も無かったし、

適当にこなすなんてのはまず不可能と判断し食事の方にも気を付けた。

と言ってもアスリートみたいな食事をする訳ではなく、

自分が失敗してきた物を食べない様にしたというのが正解かもしれない。

 

随分前の話だがライブ前にカレーを食べていたところ、

他のバンドにトラブルが起きたのか出番が早まってしまい、

そのままかっこんで激しく動いて酷い目にあったのは本当にトラウマである。

そしてステージ用にたまたまスポーツドリンクを用意したのが更にまずかった。

ぬるくなった甘ったるい味が口にずっと残るのが最悪極まりなかった。

吐き気を抑えながらロックやるのは過酷だとあの日心底思い知った。

ニンニクがよく効いた唐揚げとかも自分には相性が悪い。

くだらない様な失敗談だが現実には本当に笑えない状況だった

 

そんな訳で先日のライブの食事内容はこんな物にしてみた。

 

朝:前日の残りの炊き込みご飯を少々と梅干。

リハ前13時頃:水とウィダーインゼリープロテイン(種類はただの気分) 

リハ後15時頃:おにぎり2個 バナナ1本  コーラ300ml ミニあんぱん1個

本番前:スポーツドリンク少々と水

19時~本番中:水

 

まぁ専門的な詳しい人からすれば突っ込みどころ満載なのかもしれないが、

手作りして摂生しようとか完璧に調整しようとか正直そこまではしない為、

今回はこんな内容でいってみるかと試してみた次第。

専属のトレーナを付けるなんてのは無理だし気分の問題も大きい訳だ。

コーラはグラップラー刃牙のノリみたいなのもあった様な気がする。

流石に炭酸抜きにまでするなんて事はしなかったが、

何か安心出来たり気軽に楽しめる物があっても良いんじゃないかと。

ただ、体内にガスを溜めてしまう事が良いとはとても思えないので、

本番直前に炭酸飲料をガバガバ飲む事なんてはしない。

 

後、個人的に重要なのがコンビニでのおにぎりのチョイス。

自分の体質の問題なのか海苔が付いている物はもたれる可能性が高い為、

必ず海苔の無い物を選ぶ様にしているか海苔は全部外す。

また、味付けが凄く濃そうだったり油の多そうなおにぎりも避ける。

パンも揚げパンはNGなのであんぱんではなくあんドーナツだとアウト。

たんぱく質をどう摂取すべきなのかとかはまだ分かっていないが、

まぁとにかく消化に力を使いそうな物はやはり避ける様にしている。

そういう意味では当日は野菜もあまり食べない様にしたかもしれない。

 

バナナに関してはアーネスト・ホーストが控室で食べている映像を見て以来、

運動に関係する場面に良いのかもしれないと真似する事がある。

ただ、意外と腹が膨れてしまう様な印象もあるので、

これが本当に自分に合っているのかは分からない。

また、普段から摂取していると冷え性を起こす印象があった為、

健康に良さそうだからなんて理由で食べる事はしない用にしている。

その国その風土に合っている食べ物があるんじゃないかと思う。

野菜や果物などを季節・気候を無視して無暗に摂取するのは良くないのかなと。

 

そんな事を気にしてたらロックじゃないとか軟弱って見方もあるかもしれない。

しかし本番のパフォーマンス的にはかなり良い気分で取り組めたと思うし、

本当に最後の曲まで楽しんで演奏する事が出来た。

自分が超人的だったり何事にもびくともしない様な人間なら良いんだろうけど、

そんな才能も無いし体力も無いしジャンル的に場慣れもしていないのだから、

少しでもその不安や緊張の原因を取り除くのは重要な行為だと実感している。

何をするにもまずは健康な体と良い精神状態があってだと思う。

 

とは言え過剰な摂生が健康的とも運動向きとも全く思わないので、

一番はストレス無く自然に取り組める事が何よりだと感じる。

今回やった事もある意味では実験を楽しんだと言うか、

常に胃がキリキリするぐらい追い詰めていては本末転倒な気がする。

ガッツリ食べたい人は食べれば良いし自分みたいな自信の無いのは考えてみる、

最終的に楽しめるんだったらどっちでも良いと思う。

楽しんでいれば疲労も苦労も感じなくなるしそれが何よりかなと。