読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

当たりとエージングの醍醐味と

今まで数えきれないぐらいのジラウドベースを試奏してきたが、

俗に言う「当たり」と思われる個体が稀に誕生する印象。

最初からエージングされている様な音が出てしまうと言うか、

何年も弾いてきた自分の楽器と比べても悔しくなる様な物があったりする。

理由は定かではないが何故だか異常にバランスが良く気持ちいい音が出る。

中には凄まじいボトムが当然の様に出てきてしまったりもする。

そこから更に成長するのかもう落ち着いてしまっているのかも不明だが、

とにかくド新品でもすでに完璧かと言いたくなる物が存在するのは確かである。

 

話によると何も塗装していない状態の楽器の鳴りは本当に凄いらしい。

そこに分厚い塗装を施す事で残念になってしまうのが現実なのかもしれない。

例えオイルフィニッシュであっても塗装する事に変わりは無いそうで、

やはり完全に生の状態とは異なる物になってしまうのは避けられない様だ。

自分も分厚いポリフィニッシュの楽器の塗装を全部剥がした経験などあるが、

正直言ってそのドン引きする様な厚みと頑丈さに悪戦苦闘した。

これでは楽器は別物になってしまう様な気がしたし、

実際、鳴りも出音も大きく変化した印象が強かった。

 

しかしだからとポリフィニッシュの楽器が悪いかと言うとそうではない。

それも結局はエージング次第で別物なぐらいに成長する事が可能な様だ。

自分が持っているW-BASSは前述の様な当たり個体だったらしく、

前所有者曰く、最初からほぼ完璧な音がしていたそうだが、

ラッカーでもオイルでも何でもなく普通にポリ塗装である。

以前にも話した先輩ジラウド使いのベースもポリ塗装だったはず。

他にもポリ塗装で良く鳴っている個体に数多く出会って来た。

 

結局はどれだけのポテンシャルを持っているのか、

所有者がどれだけ弾き込んできたのかが問題なんだと思う。

尋常ではない当たりでなければ全て外れなんて考える必要は全く無いし、

スペック的に優れてるだけなんて理由で判断するのもどうかと考える。

直感でも理屈でも何でもどれだけ気に入った楽器に出会えるか、

それをどこまで弾き続ける事が出来るかが重要なのかなと。

そしてそういう楽器に出会える事がどれほど幸せな事か、

今のメインベースを弾いていると心底そう感じる。

最初の鳴りを知っている分、エージングも素直に信じる事が出来る。

 

そういう意味では最初から鳴りまくっている場合、

それはそれで少し寂しい様な気もするし楽しみがちょっと減るのかもしれない。

まぁ良い楽器であればそれが何よりだしそうあるべきだとも思うけど、

そこを超えた不思議な何かを楽しむのも醍醐味の様に感じる。

安易にオカルトだとか不安定なだけと利口ぶって切り捨てるのは勿体ない。

好きな楽器使って上手くなって音も良くなってそれを疑って何が楽しいのかと。