読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

スピーカーのエージング

色々な意見がある事とは思うがスピーカーにもエージングは有効な印象。

と言うかスピーカーこそちゃんと鳴らさないと良い音がしてくれない気がする。

こちらもジラウドベース同様、気のせいではない変化を実感済み。

ド新品のスピーカーなら本当に数時間弾くだけでも変わるんじゃないかと思う。

実際、最初は全然良い音がしなかったスピーカーが見事に変わった事がある。

あの変化を気のせいとかオカルト扱いで済ますのは逆に無理があると感じた。

 

そんなエージングについては有ると無いで極端に意見が分かれそうだが、

楽器の扱いとオーディオの扱いとでは条件が違い過ぎるんじゃないかとも思う。

どこまで参考にすべきなのか互いにちょっと微妙な気がする。

例えばの話、極太弦を低音フルブーストしてバカスカ叩きまくる、

とにかくジャリンジャリンのバッキバキのセッティングにして弾く、

オーディオ機器でそんな扱いをしている人はあまりいないだろうと想像する。

自分が無知なだけでオーディオ界にも無茶な方法はあるのかもしれないが、

楽器の世界ではそれが無茶ではなく当然として行われているんじゃないかと。

 

まぁそれでユニット自体の寿命を著しく縮めている可能性もありそうだが、

しかしちょっとした事でスッ飛んでしまう様ではやはりお話にならない。

実際の楽器の音を知らなかったりアンプによる大音量を聞いた事がなかったり、

それでエージングはオカルトとは言って欲しくないかもしれない。

低能率なスピーカーをちまちま鳴らしているだけでは分からない世界がある。

特にベースは単に低い音を出すだけでなく強力な歯切れの良さも求められる。

スペック上レンジが広いだけなんて物では気持ち悪くて弾いてられない。

倍音も豊富だし下から上までしっかり高速に再生してくれないと困る。

レスポンスの遅れ無くズドーン!と音が出る物が気持ち良い。

楽器と自分の手とアンプと直結している様な状態が理想な気がする。

 

そして本来はオーディオもそうあって欲しい様に思える。

元々の演奏とはかけ離れたものになってしまうのはあまりに悲しいし、

そんな傾向にある高級機器などは自分は全く欲しくない。

故にお高いオーディオ機器みたいになっている楽器もどうかと感じる次第。 

ダイナミクスが希薄で誰が弾いても同じ様な音になったり小奇麗な音がする、

そういった傾向にある物はやはりエージングも実感しにくいと思うし、

後付けの機器やよく分からない方法で解決しようというのも苦しいはず。

 

個人的にはオーディオも楽器も理想とする方向は同じかって気がしている。

そのままドカーン!と気持ちよく出てくれればそれが一番良い。

そしてそれを実現するにはエージングが必要だと感じる。

ただひたすら楽しめば良いのだからこれほど金もかからず合理的な話もない。

短時間で実現しようなんてするから話がこじれるんじゃないかと思うし、

そこにつけ込む商売なんかは放っておいた方が良いのではないかと。

楽器もスピーカーも気に入った物と気長に付き合うのが健全で楽しい。

それで自分の好みや基準というものも出来上がっていく様な気がする。