読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

エージングの実感とその逆

先日のエージングの話を実感しにくい例はこんなところかと思う。

細かく言うとキリが無いのでとりあえず簡単にまとめてみる。

 

・弦高が物凄く低く振幅が小さい

・タッチがあまりに軽すぎるか表面的にバチバチぶつけるだけ

・バズだらけでも気にしない

・ボディの剛性が高すぎたり過剰に重い

・シェイプや使用材が変だったり無駄にラミネートしている

ジョイントもネックも貧弱

・単純に演奏する時間が短い

 

この手の楽器や調整だとそもそもボディ鳴りを実感するのが難しい印象。

横振動のタッチがメインというのも効率的ではない気がするが、

そこは演奏時間の問題で話が変わるんじゃないかと思うし、

弦高もベタベタにせずしっかり弾く方向であれば楽器は鳴るんじゃないかと。

根本的にボディ鳴りから遠いスタイルとはまた話が違うかもしれない。

とにかく弦を軽く鳴らしそれを電気的な増幅で何とかしようという場合、

やはりエージングを実感するのはなかなか厳しいんじゃないかと想像する。

乏しい弦振動では大したエネルギーも発生せず本体にも伝わらない気がする。

 

そして一番問題になるのは単純な話で演奏する時間が短い事だと思う。

正直言って自分が所有するジラウドベースでも差を実感していたりする。

メインのベースと比較するとフレットレスの方はかなり寂しい。

同じシェイプであっても鳴りの差は歴然という気がする。

JBの方ではさらに差が開くと言うか簡易ネオパッシブだから余計にそう感じる。

年月を重ねれば良い訳ではなく実際に弾かなければ変化は期待出来ないらしい。

飾ったりしまっておくだけではなくしっかり付き合う必要がある。

 

先輩ジラウド弾きでメインベースを決めて長年に渡って使用してる人がいるが、

このベースの生鳴りとアンプを通したそのサウンドには本当に驚愕した。

本人がメチャクチャ上手い人で鳴らし方が卓越しているのもあるとは思うが、

一本の楽器を長く弾き込む事でここまで凄い物を生み出せるのかと感動。

しかもジラウドでは逆に珍しい普通のジョイントのJBでそうなってるときた。

使用している材もアッシュボディとメイプル指板ネックと実にスタンダード。

厳選されている物とは言えスペック的に特殊な事はない。

あれこれ持ち替えたりすぐに手放すのは恥ずべき事なのかもしれない・・・

心の底からそんな気持ちにさせられた次第。

 

定価やスペック云々を超越してるのが弾き込まれた楽器の魅力だと思う。

また、基本的な構造やポテンシャルが活きる証拠でもある気がする。

結局はそれも好みの問題かもしれないがやはりボディが鳴る楽器は面白い。

そしてボディが鳴るという事はタッチもより生きてくるという事である。

弾き方によってこんなに音が変わるのかと実感出来る楽器は素晴らしい。

自身と楽器と鍛え上げた結果が音としてそのまま表れてくれる満足感は格別。

他の楽器に目移りする事も無くなっていくかもしれない。