読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

エージングはオカルトか否か?

弾き込む事で音が変わるとはよく言われる事だと思う。

扱いに慣れただけとかそんな事は有り得ないなんて意見もありそうだが、

自分はエージングというものを信じている人間である。

と言うか変わってなければ説明が付かないレベルの変化を経験している為、

否定するのはどうやっても無理だと感じている。

音の変化を全然実感出来ないというのはそういう楽器を使っているか、

または変化の起きない弾き方をしているのかと想像するところかもしれない。

 

組み上がったばかりのド新品のジラウドベースはとにかく面白い。

最初の30分から数時間弾く程度でも音の変化を実感出来るかもしれない。

こんな楽しみと快感があるのかとワクワクするものがある。

数か月弾くだけでも相当な変化が起こる印象だが、

年単位で弾き込んでいくと更に凄い事になっていく。

もはや完全な別物に進化したかってぐらいの変化が起こる。

最初はベースを大量にブーストしたくなるのがどんどん減っていき、

最終的にはカットしたくなるぐらいの鳴りにもなっていく。

 

安定してないだけとか未完成品を売るのかとまで見る人も中にはいそうだが、

そういった謎の曖昧な要素もあるのが醍醐味と言うか楽器の深さかと思う。

弾き込む事で音が変わるのは何もジラウドに限った話ではないし、

ヴィンテージ楽器に経年変化以上の何かがあるのも理解出来る話かもしれない。

どんな理屈なのか物理現象なのかは正直まるで分からないが、

まず頭で考えて不明な要素だから切り捨てようと言うのは逆に不自然に思える。

弾けば分かる聴けば分かる、そのシンプルな感覚が人間らしくて良い気がする。

以前の生音の話ではないがまず否定的な感情と反論ありきで構えるよりも、

弾き手だけでなく楽器も一緒に成長してると考えた方が楽しいんじゃないかと。

楽器を育てる楽しみを知らずすぐに手放したり入れ替えるのは勿体ない。

 

ただ、そういった心理を利用した明らかにオカルト的な商売や宣伝、

詳細が一切不明なカスタマイズなんかは無視放置していいと思う。

自分が信じているエージングは明らかなレベルだったからこそのものであって、

「ちょっと変わった?何か良くなったかも?」という程度の話ではない。

店側に何かしてもらったのではなく自分が弾き込んだ結果だと納得も出来る。

気分の問題程度の変化に大金を投じるぐらいなら練習した方が真っ当で健全。

求める理想も楽しみ方も人それぞれ好みの問題かもしれないが、

あまりに胡散臭い物には近付かない様にするかネタにするぐらいで良いと思う。

古いフェンダーが称賛されるのは最初から完成度が高かった事もあるだろうし、

どうしようもない不良品の様な物が長く愛され実用もされるとは考えられない。