ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD W-Bassの肝

ジラウドにおける大きな拘りの一つは生鳴りだと思います。

 

電気的な部分にだけ注目が集まりがちな印象もありますが、楽器本体の鳴りにこそ、その音の肝があるんじゃないかと感じるところ。

 

その中でもW-Bassの鳴り方ってのはホント、特別なものがあるかもしれません。

もう20年近くが経過しているという事もありそうですが、この音の深さと複雑な鳴りを持っている物にはもう出会えないかなと。

生音からして一般的なエレクトリックベースとは一味も二味も違います。

 

ただ、このベースを扱うにおいて注意すべき事もあったり。

弦を安易に交換すると結構な苦労をするはめになるんですよねこれが。

 

フラットワウンドと言えど、新品時は結構硬質で明るい音が出たりするものですが、このW-Bass、何故だかその影響が恐ろしい程に出てしまう印象。

ウッドベースの様な音を出そうにも全く雰囲気が違う感じだったり、 望んだそれっぽいサウンドにならなくなる為、本当に注意が必要です。

 

半年ぐらい弾いても落ち着く気配が無いフラット弦に当たった時は絶望しました。

結局、張り替え以前の様な音にはならなかったので、泣く泣く他の弦に交換したのはトラウマです。

とは言え、その弦に納得するまでこれまた時間がかかったりするから、それはそれでまた困るという。

最低でも三か月は弾かないと、イメージ通りの音にはならないかもしれません。

 

しかしま~、弦が馴染み、音に統一感が生まれるともう最高です。

一音弾くだけで満足出来る、そんな素晴らしいベースになります。

生音を否定していたらこの音には出会えないと思うし、それと同様、電気的な部分を疎かにしても駄目だと感じるところ。

全ての要素が絶妙に絡み合うからこそ、こういう楽器が生まれるんだろうなと。

そして、そこに素晴らしい魅力があるんじゃないかと思う次第。

 

だからまぁ、音を作る要素を安易に否定してしまうのは勿体ない気がします。

感覚的な部分と具体的な部分とが絶妙に噛み合う楽器は面白いし実用的。

結局、フェンダーが良いみたいな話もその辺の問題だと思いますし、ジラウドの魅力もそんなところにある様に感じます。

たまに国産ハイエンドブランドの様に扱われている事もあったりしますが、正直、徹底的に生真面目に無駄を排除とかそんな印象とは違うかもしれません。

合理的な様で曖昧なところも感じたり、良くも悪くも、プレイヤーとそのタッチによって全くの別物になったりもするのが面白い。

 

やはり、実際に弾いてこそ価値があるし、それが楽しい楽器ではないかと。