読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

エレクトリック楽器の生音は無視すべきなのか?

ソリッドボディとマグネットPUの楽器をアンプで鳴らす。

そこにおいて生鳴りは関係無いと言う見方や意見もあるが、

個人的にはとてもそうは思えない事が沢山ある様に感じる。

最近のジラウドの中で言えばPJ仕様のベースがまさにそんな印象。

PBボディかJBボディかの選択で不思議な程に出音の雰囲気が違ったりする。

PUやプリを同じ仕様にしているにも関わらず何故かそんな事が起こる。

イメージそのままと言うかPBはPBの音がするしJBはJBの音がする。

そしてそれは生音だけの話ではなくアンプを通してもそうなのだから興味深い。

と言うよりむしろアンプに通した方がそれがより際立つと思う。

 

同じ様な話を他の工房で聞いた事があるのも面白い。

その店主がスペクターベースのファンであり、

自社のJBをカスタムしPUとその位置を同仕様で作ってみたところ、

出音のニュアンスや印象は不思議な程にいつものJBのそれであったらしい。

電気的な要素だけでは説明出来ない領域があるという事か、

ソリッドの楽器と言えどやはり生鳴りの影響は絶対に存在するのだと思う。

エレクトリック楽器を生音だけで判断すべきではないのは確かだが、

しかし全くの無視を決め込む事が正しいとも思えない。

ネックやボディの振動と弦振動に何の関連性も無いのであれば、

何故にデッドポイントが発生するのかサスティーンが変化するのか?

同じモデルでも個体差が生まれてしまう事に対する説明も付かない様に感じる。

 

マグネットPUが弦振動にしか反応しないと言うのは個人的には共感出来ない。

だがそういった考え方をするのも分かる話ではあるかもしれない。

しかしそう考えるのであればこそ弦振動にもっと注目した方が良い気がする。

ボディとネックが弦振動にどんな変化をもたらすのか、

それによって音はどう変化するのかPUはそれをどう拾うのか、

やはり無視を決め込むのはちょっと無理がある様に思える。

「不確定要素を排除する為にボディもネックも極力振動しない様にする。」

なんてコンセプトで楽器を作るのであればそれは分かる話だが、

しかしエレキに生音は関係無いと言う理屈とは似た様で異なる考えの気がする。

そもそもボディが鳴る事でマグネットPU自体が振動していたらどうなるのか?

その影響は明確に完璧に否定出来るものなのかまぁ自分には分からない。

 

エレクトリックと言いつつ恐ろしい程にアナログなこの世界。

その曖昧さに付け込み物を売りつけるやり方などには確かに嫌悪を感じるが、

あまり意地になってお堅く否定してしまうのも面白くない気がする。

お堅くなるならそれを確実に証明する理屈が欲しいところだし、

結局は感情先行で否定しているのであれば納得は出来ない。

個人的には得体の知れない奇妙で摩訶不思議な領域ってのがあるべきだと思う。

そしてそれを何だかよく分からず長く長く楽しんでいきたい次第。

その意味ではボディがよく鳴ってる楽器が好きだし弾いてて楽しく感じる。