ポングとベース

ベース楽しむ人生を

JIRAUD W-Bassのブリッジ

とにかく拘りの詰まったこのW-Bass。

ブリッジも同様、非常に贅沢なものかもしれません。

 

以前、ジラウドはブリッジに特に拘りは無さそうだと話しましたが、このベースに関してはちょっと別だと思います。

既成の金属のブリッジでは厳しい高さと角度を実現する為か、完全に専用のパーツとして作られています。

真っ黒なエボニーの削り出しで出来ているのが何とも贅沢。 

 

現在は、ブリッジの浮きや経年変化によるボディへのダメージを考慮し、土台に分厚いブビンガの板を埋め込んでいます。

ブッといネジも追加されている為、とりあえず状態が変わる心配は無いと思いますし、完全ソリッド構造のボディと相まって、とにかく安定している印象。

環境による変化やトラブルが付きまとうとか、アコースティックな楽器にありがちな事ですが、そういった扱いにおける心配がほとんど無いってのは何よりかもしれません。

このベースはすでに20歳近くになりますが、まだまだ平然としてそうです。

 

まぁホント、箱物楽器の音色や魅力には心惹かれますが、管理が面倒だったり諸問題と付き合わなければいけないのは辛いところ。

ソリッドボディである事に加え、ブリッジがしっかり密着している意味は大きいと思います。

ちょっとした事でバランスが変わったとか、よく分からないけど今日は何か調子悪いとか、そういう心配事がありません。

 

エレクトリックベースらしく非常に安定しているのが魅力であり実用的。

f:id:bakibakibass:20170306223215j:plain