読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

W-Bassの指板

ジラウド 画像付

通常のベースと比較して大きく異なるのはまず指板だと思う。

厚みもRも一般的なエレクトリックベースのそれではない。

最大で厚さ15mmにもなる非常に贅沢で凝った作りになっている。

使用されているエボニーも真っ黒で高密度な印象。

ネック材と共に非常に厳選されているのかトラスロッドは触った事がない。

生音でも分かるディープな音色やサスティーンが本当に素晴らしい。

いつものエレクトリックベースの感覚とは違う世界のものを味わえる。

 

本来はラインレスで相当な修練を必要とするところだったのだが、

こちらの希望で現在はラインを入れてもらい弾きやすくなる様にした。

ただそれでも混乱する事があったので自分でポジションマークを貼った。

正直言ってかなり敷居の高い楽器という印象も強いけど、

ピッチに対するガイドがある事で演奏は非常に楽になり実用性も増したと思う。

 

とにかく一音を大切に楽しみたくなるこのベース、

その要因として分厚いエボニー指板が大きく関わってるんじゃないかと感じる。

今はラインを入れた安心感もあるしより音に集中出来て良い。

贅沢さとお手軽さを良い感じに両立してるんじゃないかと。

f:id:bakibakibass:20170303234040j:plain