読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ブリッジに拘るか?

ジラウド

隅々まで非常に強い拘りがありそうなジラウドベース、

ところが使用するブリッジについてはそこまでの拘りは無い印象がある。

それこそごく普通のスパイラルタイプの物まで使用したりする。

バダスに関しては溝の切り方にポイントがありそうだったが、

やはり「これ!」って執着なんかは基本的に無さそうな様子。

そしてその理由も店主である福田氏の音を体験すると納得出来る。

【縦振動のタッチ】を身に着ける程にブリッジの影響を受けなくなるらしい。

このタッチと音の出し方についてはまた長く書いていく事になると思うけど、

とりあえずここでは一旦ブリッジの話に戻す。

 

と言っても大して話す事も無い様な気がする。

調整方法や取り付け位置などに関しては以前にもう話したし、

個人的にもあまりブリッジの音質については関心が無かったりする。

一応、見た目とイメージの問題で使ってみたい物もあるけれど、

正直言ってサウンド面に対し劇的な効果を期待する事は無いし、

たぶん縦振動の練習をしていくと同じ様な気持ちになるんじゃないかと。

4弦だったら本当にスパイラルタイプでも十分な気がする。 

経験上、凝った構造の物ほどロクな結果にならなかった印象が強い為、

シンプルで扱いやすい物の方が好みかもしれない。

ある意味フェンダーの凄さを感じるところだったりして?