読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

簡易ネオパッシブ

一口にネオパッシブと言っても実は数パターンあるらしく、

よりパッシブ派に理想的にハマりそうなのがこれ。

アクティブバランサーでバッファーを各PUに通す仕様とは異なり、

こちらで使用するバッファーはシンプルに1つだけ。

 

自分が持ってるフレットレスJBの場合、

500kΩ×2のパッシブバランサーとパッシブトーンを通った後、

バッファーによってローインピーダンス化される事になる。

よりパッシブ的と言うか自然で味わい深いサウンドがナイス。

フレットレスには特に美味しいと言うか絶妙に噛み合う印象。

コントロール系もパッシブ感覚そのままで困る事は無いと思う。

本体のEQ操作で悩む必要がないシンプルさというのはやはり良いものだ。

トーンの設定も面倒ならフルか0で決めればいい。

 

と話してばかりでも何なので如何にもフレットレスな動画でも。

後付けのリバーブが良いか悪いかはともかくそれっぽくなる気はする。

狙うサウンドがあまりに露骨だけどそれだけにこういう楽器があると楽しい。

最初の動画はトーン全開、後のはトーン0に絞ってみた。

www.youtube.com

www.youtube.com