読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

Jiraud Neo Passive

ジラウド

何だかややこしい印象を受けそうなネオパッシブ。

「ネオパッシブはアクティブです。」なんて言うと更に混乱を招きそうだ。

しかし事実、ネオパッシブはアクティブであり電池が必要になる。

バッファーを内蔵しているのでそこがパッシブとは決定的に異なる。

 

そもそもアクティブに対し何を求めるかと言う話になってきそうだが、

個人的には以前も話したローインピーダンス出力化が重要だと思う。

しかしパッシブならではの美味しさやハイカットを求めると難しい面もある。

アクティブの単純なトレブルカットとはどうもニュアンスが異なる様だ。

特にコンデンサーによる独特のハイカットというのは真似が出来ないそうな。

その絶妙な甘さや心地よく太い感じはやはりパッシブならではのものらしい。

アクティブに淡泊さや味気無さを感じるのも間違いではないのかもしれない。

 

そんなもどかしい中でネオパッシブは何をやるかと言うと、

PUの信号をバッファーに届ける前にパッシブトーンに通す。

これで微妙な甘さや太さを得た後に安定した信号を出力する事が可能になる。

逆にもっと音抜けが欲しければパッシブトーンをスルーすれば良いし、

PUの信号を直接バッファーに届けてあげる事もスイッチ一つで簡単に出来る。

ジラウドならではのアクティブバランサーは本当に素晴らしい。

ただ、人によってはクリアー過ぎる印象を受ける可能性もあるかもしれない。

そこでパッシブトーンを通すという選択肢が活きてくる訳である。

PUの信号を劣化無くダイレクトに出力するかワンクッション挟むか、

それはプレイヤーが自由に選択すれば良い。

 

パッシブならではの美味しさとアクティブのメリットをシンプルに詰めた仕様、

それがネオパッシブなんじゃないかと思うし扱いも楽で実用的。

「アクティブのEQと音作りは嫌いだけどローインピー出力にはしたい・・・」

なんて人には完璧なシステムになるかもしれない。

「パッシブでアンプ直!」なんて拘りがある人にも嬉しい仕様だと思う。

 

どんなに理想のアンプやエフェクターを用意しようが外付けの機器に拘ろうが、

そこに辿り着く前に劣化しているのでは望んだ音は得られないかもしれない。

特にライブなんてのは長いケーブルを使うし電気的な状況も過酷なのが常。

余程の美学でもない限りは素直にローインピー出力化するのが望ましいはず。

DI等が必要な状況ならその時点で純パッシブへの拘りもクソも無い気がするし、

結局のところはどこかでローインピー化されてしまうのが現実ではないかと。

 

合理的な人にも頑固な人にも美味しい嬉しいネオパッシブ。

音だけで判断すると地味にも感じそうだけど実は一味も二味も違うのがニクい。