ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ジラウドはアンプを選ぶのか?

「ジラウドはアンプを選ぶ!実用が難しい!」

なんて声を聞く事があるが気持ちは何となく分かる反面、

実際はその逆なんじゃないか?と思うのが正直なところ。

インピーダンスの処理に拘っている意味は非常に大きい。

その時点でプレイヤーの大きな心配事の一つが無くなると言っても良い気が。

 

パッシブ楽器の場合、アンプ側の入力インピーダンスが低いと最悪である。

問答無用で音量は落ちるし音抜けも悪くなるし本来の音どころの騒ぎではない。

それに加え長いケーブルまで使用するなら更に辛くなる。

また、例えアクティブであってもきちんと処理がされていない事もある為、

製作側がその辺りを理解・意識してるかどうかは非常に重要な問題だと思う。

EQなどの利便性云々よりインピーダンスの処理をまず第一に考える場合、

アクティブは嘘臭い音、パッシブこそ真の音、なんて話はどうでもよい気が。

その内に書くがジラウドのネオパッシブはその辺りの一つの答えかもしれない。

 

それにしてもアンプを選ぶと言うのは考えれば何だか妙な話の気もする。

そもそも酷い特性でレンジが狭くてレスポンスも悪いアンプ、

癖の固まりで何でもかんでも濃い味付けをしてしまうアンプ、

ベースサウンドを安易に考えてる時代遅れにも程があるアンプ、

そんな物が溢れているのに何故楽器の方が悪いと言う結論になるのだろうか?

実際はアンプの方が人も楽器も選んでいるんじゃないかと。

その狭い枠の中で思い描いた理想の凄い音を出そうと言うのであれば、

それは確かに相性が悪いと言う事にも出来るのかもしれない。

 

しかしJFDTなどを駆使すればそこにも対応出来るのではないかと思う。

スラップモードもただただ安易なドンシャリな音を作るのが目的ではない。

マグネットPUの中域山なりの波形をなるべくフラットにするという特性。

上手く使えば非常にクリアーで心地よい音作りに貢献してくれる。

派手な音は狙わずEQを絞り美味しいミドルが出てくる様にするのも良い。

相性が悪いと言う場合の多くは無暗なブーストが原因の様な気がする。

出てない帯域を無理に持ち上げるより出てるところからカットした方が自然だ。

ツイーターも無い様な物から超高域まで綺麗に出そうなんてのはかなり無謀。

 

そんな訳で試しにアンペグを使った動画でも。

練習用に入手したアンペグのミニスタック、EQはあえて全て真ん中。

ベースは最初プリオフ、そこからプリオンでスラップモード。

フレーズはちょっと細かい感じのスラップで。

www.youtube.com