読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

弾いてなんぼな楽器

ジラウド

ジラウドでは駒をベタベタに下げるという事はほとんどしないと思う。

「弦高が高くて弾き難い、じゃあ駒を下げよう。」

これは楽器が鳴らなくなる典型でやらない方が良い印象。

まずはネックを調整するなり他にやるべき事がある気がする。

超低弦高にするにしても駒を下げるだけで解決なんて事は無いんじゃないかと。

適切な駒の高さを見極めるのは非常に重要なポイントだと思う。

 

一方、ナットの方はどうかと言うと、実は意外なぐらいに溝が深かったりする。

押弦に対するストレスが少ないしピッチにも良い影響があると思われる。

無暗やたらに根性論で弦高を上げれば良いと言うものではない。

この辺はやはり、ちゃんとしたプロのプレイヤーが作ってる物だと思う。

テンションバランスへの拘りも実際に演奏するからこそ分かるものだろう。

自分が弾いていて心地よい、ストレスを感じない、大切な事だ。

毎日弾いていく上であれもこれも我慢、これも練習と理想を遠のける、

己の力不足と無理に苦行を歩む様なのはどうなのかと感じる。

特に目的がある訳でもなく弾き難くしても大した意味は無い気がする。

 

一本道に特化した味わいのある楽器やセッティングも良いが、

その個性まで潰してしまう程の欠点に目を瞑るのもなかなか難しいと感じる。

大袈裟だったり崩した物に惹かれるのも確かに面白いとは思うけど、

ちゃんとした目的と整合性のある物に触れてみる事にも価値がある。

ジラウドベース、実は本体にこそ魅力がたっぷり詰まってる楽器ではないか。

その全ての要素が弾き手の為に存在すると言っても過言ではない?