ポングとベース

ベース楽しむ人生を

テンションバランス

と言う言葉が正しいかどうかはともかく、

ニュアンスとしては分かるし非常に重要なポイントだと思う。

高音弦がやたらとピンピンしてて低音弦はボヨンボヨンなんてのは最悪だ。

昨今、低音側と高音側でスケールが違う物を見かける様になってきたが、

あれもその辺の都合と目的から来ているのかもしれない。

斜めのフレットになかなかのインパクトを感じる。

ただ、自分の好みとは違うしあれに慣れる体を今から作るのも辛く感じる。

 

で、このテンションバランス、ジラウドは相当にうるさい楽器だと思う。

ヘッドデザインに対する拘りも相当なもので、

特にナットからペグまでの距離をかなり考慮している印象。

ここの適切な位置を設定していない物は正直いただけないし、

特にローB弦など太い弦に対する影響力は馬鹿にならない。

また、弦を真っ直ぐ張れる様になっているのもポイントだと思う。

物によってはナットからペグまでに弦が横方向に斜めになってしまったりもするが、

あれは勘弁して欲しいところかもしれない。

ベース弦は太いのである。そこがギターとは決定的に異なる。

単純な話だが意外と考慮されてない物がある。

極太弦を無理に曲げたり無意味に窮屈に角度を付けたりするのは結構辛い。

 

ジラウドのオリジナルシェイプではヘッド角を付けているが、

現実的な範囲で実用的に出来ていると思う。

角度を付けず弦にストレスを与えない(?)方向を好む人もいるので、

この辺は完全に好みやスタイルの問題になりそうだけど、

弦に張りがあって弾き応えのある物が良い、しっかりボディを鳴らしたい、

そんなスタイルで行きたい人には角度があった方が良いんじゃないかと。

適切なペグ位置と相まって楽器の鳴りに大きく貢献してくれる印象。

f:id:bakibakibass:20170202130439j:plain