ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ディープジョイントに慣れる

面白いものでディープジョイントに慣れてしまっていくと、

最終フレットまでスムーズなんて楽器の方が落ち着かなくなったりする。

「感覚が狂うからカッタウェイは入れないで欲しい。」

なんて声をエレクトリックアップライト(EUB)のレビューなんかでも見た事がある。

ウッドそのものに慣れている人にとって必ずしもプラスになる訳ではないらしい。

結局のところ最初からそれならそういう物だと受け入れてしまうのが人間なのかも。

 

ただ最初からジラウド一本なんてのは超が付く程のレアケースな気がするので、

やはりどうしても慣れと練習が必要だと思う。

しかしそれさえ超えてしまえば後はしめたもの。

ディープジョイントならではの恩恵はやはり素晴らしいし、

長い演奏生活を送る上においても必ずプラスになる。

親指を過剰に使ったり握力に頼ったフィンガリングではなくなってくるので、

腱鞘炎やそういった怪我や張りに悩まされてる人にも効果的。

弦高を露骨に下げたペチペチのセッティングにしないで済む様にもなる。

 

そんな訳でハイポジションの練習動画でも。

ちょっと大袈裟に見えるかもだけどネックは握らず親指は放り出す感じで。

www.youtube.com