読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ディープジョイント(2)

よくあるシングルカッタウェイの楽器もディープジョイントなのか?

自分としてはあれはちょっと違うと思うところ。

ハイポジションの演奏性の確保を目的としている為か、

結局ネック裏を大きく削ってしまっている物ばかりと言う印象。

あれではそんなに効果を発揮する事は無いんじゃないかって気がする。

 

ジラウドベースで賛否が分かれそうなこのディープジョイント

確かにハイポジションでの演奏にちょっとコツがいるかもしれないし、

慣れるまでの練習が必要になるのは否定出来ない気がする。

薄いネックにするには指定が必要だったり24フレットの楽器が無い事もあってか、

ハイポジションを多用する人からは相性が悪い印象を持たれそうか。

 

しかしよく鳴っているディープジョイントの楽器を体験すれば、

考えが変わってくる可能性も高いんじゃないかと思う。

ハイポジションを多用するにしてもそのバランスの良さやサスティーン、

肝心のサウンドに対する恩恵が非常に大きい事に気付く。

とにかく自分の望む演奏性に徹底的に拘るかどうするか、

勿論それは好みとスタイルの問題だけど、

個人的にはボディ鳴りが豊かで満足出来るサウンドの方を取りたいかな~と。