ポングとベース

ベース楽しむ人生を

ディープジョイント(1)

ジラウドベースならではの特徴と言えるディープジョイント

ネックの過剰な振動を減らし豊かなボディ鳴りを得るのに貢献する。

またデッドポイントの発生を抑える事にも効果的。

よく楽器のレビューでネックが鳴りまくってる事が称賛されてたりもするけど、

音詰まりや音痩せが発生するまで共振してしまうのはどうかと思う。

個性とも考えられるが特定のポジションへの影響が強すぎるのも正直扱い難い。

かと言ってガチガチに硬い材と作りでは冷たい音の印象になったり、

味も素っ気も無くなったりするから難しい話ではある。

 

だからその辺の塩梅がジラウドベースは凄く良い感じかなと。

曖昧で感覚的な深い領域とカッチリさせるところのバランスがナイス。

ただ安定している・綺麗目な音が出るだけなんて事ではなく、

ドカーンと来る気持ちよさや荒っぽさがしっかりある印象。

渋~くポイントを絞ったサウンドを狙っても美味しい。

電気的な事に注目されがちだけど実は楽器本体そのものへの拘りも見事。

でなければディープジョイントなんて方法は絶対に選択しないと思うし、

このシェイプのベースが誕生する事も有り得なかった様に感じる次第。

f:id:bakibakibass:20170129160240j:plain

f:id:bakibakibass:20170129160252j:plain