読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

フルチューン

このベースはジラウドで言うところのフルチューン。

アクティブバランサー+JFDT-C(内蔵プリ)でほぼ最速仕様と言っても良い。

長くなるのも何なのでこのバランサーとプリについてはまた後日。

要はPUからの信号を劣化なくそのまま出力していると考えれば早い。

まぁこの手の話は余所でもよく語られている事かもしれないが、

ジラウド以上に真剣に取り組んでいる所を自分は知らない。

ベース本来の音がどうとか色付けが無いとか大体は嘘っぱちだと思う。

余計な物を通して悩んだり遠回りするぐらいならパッシブの方がマシ。

自分のタッチやニュアンスをそのまま出したいと考えるのであれば、

このフルチューン仕様は本当に理想的な印象。

後から帯域を無理矢理に持ち上げる必要も感じないし、

やるにしてもその音作りも扱いも非常に楽になる。

最初から十分に出力されていれば後付けのブースト地獄に陥る事も無い。

と言いつつそのブースト地獄も未体験の領域に辿り着けるのでそれも快感。

弾き手が好きな様にすれば良いしそれが出来る様になる。