読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポングとベース

ベース楽しむ人生を

パッシブトーン (1)

渋い音のプレベが欲しいけどもう楽器は増やしたくない・・・

5弦のプレベがあれば尚良いけどどれもイマイチ・・・

そんな事を考え悩んだ末に出した答えがパッシブトーンの追加。

あえてフロントPUにのみ働く様にしたのがポイント。

常時通りっ放しだと自分の好みとはちょっと違ってしまう為、

ポットの操作一つで簡単にスルー出来る仕様にしてある。

これで音の変化や劣化なくバリエーションを増やす事が出来る。

超ハイファイなサウンドからイナたい音まで非常に作りやすい。

PBそのものとは当然違うけれどそれっぽさが欲しい時になかなか良い。

あれこれ持ち替える必要が無いし一本で本当に幅広くいける。

 

動画は何となく淡泊な感じのフレーズで。

最初はパッシブトーンはスルーで次にフルカット、少しハイを戻すの順。

www.youtube.com